KBAN WRITER

爆弾酒の簡単レシピまとめ

韓国の独特なお酒文化である爆弾酒!

韓国ではおじさん世代だけではなく、若者の間でも人気な爆弾酒がある?!

日本でも作れちゃう、韓国の簡単爆弾酒レシピを紹介します。

 

女性がマッチングアプリで付き合うまでに気をつけたいこと【PR】

◆韓国で大人気の爆弾酒

お酒にお酒を混ぜるいわゆる‘爆弾酒’は、日本にはない、韓国の独特なお酒文化ですよね。

昔は接待の席などでウィスキーにビールを混ぜて飲んでいたのがメジャーだったみたいですが、今ではそんな無茶な飲み方はあまりしないのが現状。

お酒を浴びるほどに飲む接待文化も徐々になくなっていて、今の若者の間では飲みやすいお酒が流行っています。

なのに爆弾酒が流行っているっておかしくない?!と思うかもしれませんが。

実は度数の高いお酒に甘いお酒を混ぜたり、炭酸飲料を混ぜたりして飲みやすくしているんです。

今時の韓国の若者も飲んでいる、簡単な爆弾酒レシピを紹介します。

 

女性がマッチングアプリで付き合うまでに気をつけたいこと【PR】

◆韓国の簡単爆弾酒レシピ

〇ソメク

韓国で一番メジャーな爆弾酒だと言えるのがソメク(소맥)!

ビール(メクジュ、맥주)にチャミスル(ソジュ、소주)を入れたもので、年配の方から若者まで幅広い年齢層が飲んでいます。

ソメク(소맥)って何が良いの?!って思う方もいるかもしれないので、ソメクの良さを説明しますと。

・チャミスルだけでは度数高いから飲みにくい

・ビールだけ飲んでいるとお腹いっぱいになるし、すぐ酔わない

という二つの弱点()を補完したお酒がソメクなんです。

ソメクは割合が大事で、それぞれ好みはあると思いますが、一番メジャーなのはチャミスル30%にビール70%という割合。

この割合だとビールの飲みやすさを残しつつ、チャミスルの苦さも味わえるということです。

 

〇ソコル

ソメクより飲みやすいものが良い!という人におすすめするのがソコルです。

ソコルはチャミスルにコーラーを混ぜて飲む爆弾酒で、コーラーの飲みやすさをそのままに、チャミスルが飲めるというものです。

コーラーの甘さと炭酸でぐいぐい飲んじゃいがちですが、油断してはいけません!

チャミスルの割合によっては、かなり度数のある爆弾酒になりますので、気を付けないと一気に酔っちゃいますよ。

 

〇マクサ

次に紹介するのはマクサ(막사)という変わった名前の爆弾酒です。

マクサは何かというと、マッコリ(막걸리)にサイダー(사이다)を入れたもの。

名前のわりには普通ですよね(笑)

これはかなり昔からあった爆弾酒で、農村で仕事の合間に酔わない程度に飲んでいたことが始まりだとされています。

マッコリの甘さと炭酸成分が、サイダーを入れることでより強調されるので、女性にも大人気の爆弾酒ですね。

混ぜる割合はマッコリ2(750ml×2)にサイダー500ml1本が一番うまいんだとか。

ただこれはマッコリよりはるかに飲みやすく、本当にぐいぐい飲めちゃうのですが、早く飲みすぎるとすぐ酔っちゃうので注意しましょう。

それにマッコリはチャミスルなどより二日酔いにもなりやすいので、そこも注意を…(笑)

ちなみにマクサのパワーアップバージョンで、マクサにチャミスルを入れるマクソサ(막소사)というものもありますが、これは…本当一気に酔うのであまりおすすめ出来ません。

 

〇メローナ酒

甘いお酒が好きな人におすすめしたい爆弾酒が、メローナ酒です。

メローナはメロン味のアイスクリーム!

韓国では昔から売られている人気のアイスクリームで、日本でも新大久保など韓国系のスーパーで買うことができます。

メローナ酒はメローナ、チャミスル、サイダーを混ぜた爆弾酒。

大きなグラスにメローナを入れて、チャミスルとサイダーを11の割合で混ぜたら完成です。

メローナが解けていけばいくほど、冷たくてあまーいお酒を味わうことが出来ます。

 

〇エネルギーザー酒

エネルギーザー酒は、夜通しでいっぱい飲みたいという若者たちの間で流行っている爆弾酒です。

韓国のレッドブルと言えるHOT6、スポーツ飲料であるパワーエイド、チャミスルを2:2:1の割合で混ぜるもの。

これは…カフェインが大量に入ったHOT6+体に吸収されやすいスポーツ飲料効果で…ものすごく…酔います。

しかもテンションもめちゃくちゃ高くなっちゃいます、これは危ないです(笑)

一応、紹介させていただいていますが、お酒の苦手な方にはあまりおすすめしたくないですね。

 

〇紅酒

健康に気をつかっている人たちが開発したとされているのが紅参(ホンジュ、홍주)です。

紅酒は日本でも有名な高麗人参ブランド正官庄の紅参エキスをチャミスルに入れて飲むお酒です。

チャミスルに高麗人参の苦みが足されて、大人の味って感じでしょうか。

健康のためというよりかは、精神安定剤みたいな感じなんでしょうけどね(笑)

 

〇紅酢酒

紅酢酒は、その名前の通りお酒にお酢を少し入れたものです。

紅酢(ホンチョ)は韓国の大手食品会社が出しているざくろから作った飲むお酢。

チャミスルかビールにこの紅酢(ホンチョ)をほんの少しだけ入れると、チャミスルの苦みが柔らかくなってかなり飲みやすくなります。

氷をたくさん入れてシャングリア気分で飲んでみるのも良し!

チャミスルがちょっと苦手という人にもおススメできると思います。

友だち追加

オススメ記事