KBAN WRITER

プデュ最大の番狂わせ、IZONEに3位デビューのチョ・ユリのプロフィール

アイドルサバイバル番組『PRODUCE(プロデュース)48』から生まれたIZONE(アイズワン)(アイズワン)

IZONE(アイズワン)(アイズワン)のメンバーとして選ばれたチョ・ユリのプロフィールをまとめてみました。

 

→明日から実践できる韓国人彼氏の作り方

〇チョ・ユリのプロフィール

・名前(韓国語):조유리

・生年月日:2001年1022

・血液型:AB型

・身長:160センチ

・体重:45キロ

・練習生期間:9カ月

・順位推移:19位→10→18→3

・所属事務所:ストーンミュージックエンターテインメント

PRODUCE(プロデュース)48』で3位という高い順位を記録、IZONE(アイズワン)としてデビューが決まったチョ・ユリ。

チョ・ユリは『PRODUCE(プロデュース)48』に出る前に、もう一つのサバイバル番組に出ていました。

その番組は『アイドル学校』という同じくMnet2017年の夏に放送したもの。

 

PRODUCE(プロデュース)48』と『アイドル学校』の違いは、主に一般人が参加するサバイバルということです。

チョ・ユリも当時は所属事務所がある練習生ではなく、普通の女の子として出演。

しかし最終順位は15位と、デビューメンバーには選ばれることができませんでした。

 

『アイドル学校』での脱落後、チョ・ユリは地元に帰ったということになっていたんですが。

PRODUCE(プロデュース)48』の放送前にサバイバルにもう一回チャレンジするという話が出てきて、実際に出演をはたしました。

二度目のサバイバルというのは本人にとってもかなり負担がかかることだと思いますけどね。

それくらいチョ・ユリのデビューへの気持ちが大きかったんでしょうね。

 

→明日から実践できる韓国人彼氏の作り方

〇ボーカルで頭角を現したチョ・ユリ

『アイドル学校』の時からチョ・ユリは音楽的才能がある子として有名でした。

PRODUCE(プロデュース)48』でもその才能を発揮して、最初のレベル評価ではAクラスに。

(その後、体調が悪いこともあって、Fクラスになってしまったんですけどね…汗)

 

PRODUCE(プロデュース)48』の名物とも言える様々なコンセプトのステージ評価でも、チョ・ユリはボーカルとして活躍しました。

ボーカルって、意外とできる子が少ないから、その少ない中でライバルのような構図が作られたりもしたんですけどね。

チョ・ユリほど高い音を出せる練習生はなかなかいなくて、ステージを重ねるうちにどんどん頭角を現したという感じです。

 

PRODUCE(プロデュース)48』の全体で見ると、そこまで放送された量は多くないんですけどね。

それでもデビューできたというのはボーカルとして、ステージで大きな存在感を見せてくれたからだと思います。

 

→明日から実践できる韓国人彼氏の作り方

〇出演以来、最高順位でデビューしたチョ・ユリ

みなさんも知っているようにチョ・ユリはなんと3位でIZONE(アイズワン)のデビューメンバーになりました。

それまでの順位発表式でのチョ・ユリの順位を見てみますと…

19位→10→18位なんですから、最後の最後に3位というのはすごい!

 

本人もこれはまーーーったく予想できなかったらしく、3位で名前が呼ばれた時はその場に座り込んでしまったし。

その後、マイクを渡されても口をパカッと空けて‘全然信じられない’という感じでした。

さすがに18位から3位にまでなれるとは、思えなかったのでしょうね。

韓国ではこのことを「銅メダルの快挙」とまで言ってるらしい(笑)

 

チョ・ユリがここまで逆転勝利(?)できた理由は色々あると思われますが。

やっぱり最終回の直前、10話、11話で彼女のボーカルとしての能力を見せられるステージや場面がたくさんあったのが大きいと思います。

11話の順位発表式で、デビュー圏内に入っているメンバーの中には、チョ・ユリほどのボーカルはいなかったのが事実。

そのため視聴者が‘誰か歌える子が必要’だと思ったのが、チョ・ユリに票が集まるきっかけになったんでしょうね。

 

まあ、どんな理由があったとしても、これからは立派なIZONE(アイズワン)のメンバー!

もちろんチョ・ユリにはメインボーカルとしての活躍が期待されています。

IZONE(アイズワン)のデビュー曲では、どんな歌声を披露してくれるかが楽しみですね。

友だち追加

この記事のカテゴリ

IZONE K-POP PRODUCE PRODUCE48

オススメ記事