KBAN WRITER

BTSリーダーRMの新曲『Tokyo』の歌詞内容が話題に

写真=ビッグヒット公式ツイッター

BTS(防弾少年団)のリーダーRM20181023日に7曲入りのプレイリストmono.』をリリースしました。

 

mono.』には防弾少年団のリーダーとして、そして平凡な青年キム・ナムジュンとしてこれまで感じて考えてきたさまざまな感情が含まれています。

 

中でも、一曲目の『Tokyo』の歌詞が話題になっています。

 

まず、タイトルとなっている東京ですが、この単語を韓国語に直すと동경となり、これは憧れという意味の単語である동경(憧憬)’と同じ発音になるのです。

 

このことから、一部のファンの間では『Tokyo』の歌詞の一行目にあたる“Wake up in Tokyo”とは東京で起きてという意味ではなく憧れから目覚めてという意味で解釈できるのではないかという考察が浮上しています。

 

また、曲の中盤で登場する歌詞そしていつか俺たちは全部灰になるだろうについては、20185月にビルボードでステージを披露するために渡米した際のインタビューで、RMが興味深い発言を残しています。

 

「何かを燃やすと、その後にはいつも灰が残ります。でもその事実を忘れる時もあるでしょう?どこかにはいつも燃やして残る黒い灰があるのに、です」

 

さらに、曲の後半に差し掛かる部分の歌詞なぜ愛と憎悪が俺には同じに聞こえるのだろうを聴くと、2015930日のRMのツイートが思い出されます。

 

「紙一重の差」という言葉とともに投下された画像には、右手に黒字で“LOVE”と書かれた白いリストバンド、左手に黒字で“HATE”と書かれた黒いリストバンドを着け、腕を交差させているRMの姿が写っています。

 

この曲にはアイドルとして生きるRMとその傍でひとりの青年として生きるキム・ナムジュン、それぞれの視点から見た哲学が詰まっているのかもしれません。

 

プレイリストmono.』は各種音楽サービスを通して聴くことができます。

Sound Cloud: https://m.soundcloud.com/bangtan/sets/rm-mono-2018

Spotify: https://open.spotify.com/album/0XqAZHNx0xJDObehTI2587

iTunes /Apple Music: https://itunes.apple.com/jp/album/mono/1439732979

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

K-POP ビッグヒット 防弾少年団/BTS

オススメ記事