KBAN WRITER

BTSがスティーブ・アオキと3度目のコラボを発表

写真=BTS公式ツイッターから

BTSが、DJ兼プロデューサーSTEVE AOKI(スティーブ・アオキ)の新曲に参加します。

 

STEVE AOKI(スティーブ・アオキ)1024日、公式ツイッターを通じて

surprise we’re backgot a new collab w my brothers BTS coming at u tomorrow!」(サプライズ!俺たちがカムバック!明日、弟分のBTSと一緒にコラボレーションします!)

と発表しました。

 

コラボレーションの発表と共に、25日に出る新曲のタイトルが「Waste It On Me」と公開しました。

先行公開された映像には、BTSメンバーの声が入っており、期待が高まりました。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

STEVE AOKI(スティーブ・アオキ)って?

STEVE AOKI(スティーブ・アオキ)は、アメリカ・フロリダ州マイアミ出身のDJ兼音楽プロデューサーです。

父親は元レスリング選手であり、冒険家であり、アメリカの鉄板焼きチェーン紅花のオーナーと多彩な経歴を持つ青木廣彰、母親は小林ちづことの間に末っ子として生まれた日本人です。

しかし、生まれも育ちもアメリカの為、ルーツは日本にあるのですが、日本語は話せません。

 

BTS以外にもにwill.i.amなどともコラボレーションをしていて、世界で活躍する日本人です。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

BTSSTEVE AOKI(スティーブ・アオキ)は過去に2回コラボレーション 

BTSSTEVE AOKI(スティーブ・アオキ)は今回で3回目のコラボレーションとなります。

初めてのコラボレーションは、20171124日に「MIC Drop」のリミックスバージョンでした。

この曲は、BTS20179月に発売したミニアルバムの収録曲「Mic Drop」のリミックスバージョンで、米国ヒップホップ界で有名なDesiignerが参加したことでも期待されていました。

さらに「MIC Drop」のリミックスバージョンは、米国レコード産業協会(Recording Industry Association of AmericaRIAA)からゴールド認定を受けて話題を集めました。

 

米国レコード産業協会は、デジタルシングルとアルバム販売量に応じてゴールド(50万以上)、プラチナ(100万以上)、マルチプラチナ(200万以上)、ダイヤモンド(1000万以上)に区分されます。また、デジタルシングルは、デジタルダウンロード、オーディオやビデオのストリーミングなどを含めて集計するものです。

 

2回目のコラボレーションは、今年5月に発表した正規3集アルバムLOVE YOURSELF Tear」の収録曲「The Truth Untold」でした。

 

この曲は、国内音源チャート上位圏をキープし、さらに世界最大の音楽ストリーミングメーカースポティファイ「グローバルトップ200」チャートで50位にランクされるなど、人気を集めました。

 

今回は3回目のコラボレーションということで、たくさんの期待と関心が集まっています。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

K-POP

オススメ記事