KBAN WRITER

BTSのV(テテ)のソロ曲がBBCで放送され話題に

写真=公式ミュージックビデオ

イギリスの公営放送局であるBBCラジオでBTS(防弾少年団)のメンバーVのソロ曲が放送され話題を集めています。

 

現地時間の25日、BBCラジオではBTSのアルバム『Love Yourself』からタイトル曲である『IDOL』が流れ、続いてVのソロ曲『Singularity』が放送されました。

 

Singularity』はVの特徴的なハスキーボイスが生かされたムーディーな楽曲となっています。

 

Vのヴォーカルにマッチしたシックなダンスもこの曲の魅力のひとつです。

 

ミュージックビデオやコンサートのステージではハンガーポールに掛けられた女性服と抱き合うように踊る振り付けがあり、官能的な冒頭部分が印象的な曲となっています。

 写真=公式ミュージックビデオ

今回『Singularity』を放送したBBCラジオは保守的な特性を持つことで知られており、韓国の歌謡曲が放送されるのは極めて珍しく、今回が3度目でした。

 

特にアイドルグループのメンバーのソロ曲が放送されるのは非常に異例であると言われています。

 

話題のソロ曲『Singularity』の人気は今に始まったことではありません。

 

同曲は今年6月、イギリスの大手日刊新聞「ガーディアン」が掲載している今月の最高のトラック50 ”に選ばれました。

 

また、アメリカのロサンゼルスで発行されている日刊紙「L.A.タイムズ」はBTSのコンサートのレビュー記事でVのソロステージを絶賛したことがあります。

 

さらにその後、音楽や政治、大衆文化を扱うアメリカの雑誌「ローリングストーン」もこの曲を「90年代を席捲したRBシンガー、テビン・キャンベルを連想させる」と評価しています。

 

IDOL』に続きVのソロ曲がBBCラジオで放送されたのは、BTSのワールドツアーでヨーロッパコンサートが行われてから、多くのヨーロッパ圏のファンたちがBTSの曲だけでなくメンバーのソロ曲にまで関心を向けている証拠です。

 

ヨーロッパにおけるK-POPのステータスがそれだけ上がってきていると言うことができそうです。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

K-POP ビッグヒット 防弾少年団/BTS

オススメ記事