友だち追加

BigBangのT.O.P(タプ)の家が凄すぎて草が生える件

最近、自宅で練習生の女の子と大麻を吸って、韓国検察に起訴されたBigBangのT.O.P

彼の自宅には、韓国のルーブル美術館と言われるほど、高級な美術品がたくさんあります。

今回はそんな彼の自宅に関する韓国の記事を紹介します。

 

BigBangのトップの家が凄い

MBCのトーク番組「ラジオスター」に出て、家具から始め、美術品をコレクトしていると明かしたT.O.P


「家具で始まったT.O.Pのコレクション」


「きっかけは若い頃からテレビの仕事をして、我慢しなければならないことが多く、(そのストレスで)美術品収集にのめり込んだ」


「韓国のT.O.Pブル(T.O.P+ルーブル)美術館といわれている」


「美術品はだいたい冷蔵施設のある倉庫に保管」

と語るように美術品収集に相当はまっている様子。

ちなみにT.O.Pが住んでいるのは、ハンナム洞にある高級マンションのUNヴィレッジ!

高級な作りとセキュリティに優れていて、PSY、シン・ミンア、ハン・ヒョジュ、キム・レウォンなど多くの芸能人が住んでいます。

 

T.O.Pがこのマンションを買ったのは2010年頃で、購入金額は、30億ウォン(約3億円)だったと言われています。

 

そんなT.O.Pの自宅にあるのがこれらの美術品↓↓

アメリカのポップアートの巨匠であるアンディ・ウォーホル、韓国の有名画家であるキム・ファンギ、イギリス人画家のフランシス・ベーコンなど。

100点以上の美術品があるらしい。

収入の95%を美術品に使っているらしいから、相当な金額を使っているんでしょうね。

BIGBANGのT.O.P(タプ)は今後日本に来れるのか?韓国の弁護士が解説

【BigBang】韓国のアイドル番組に出演し5人で仲良く縄プレイを炸裂

【BigBang】YG社長のクレカで何でも買っていい権利を巡りヒートアップ

友だち追加

カテゴリ

BIGBANG K-POP YGエンターテイメント

タグ

オススメ記事