友だち追加

iKONジュネによるTWICEモモのモノマネは日本では熱愛ネタだが韓国では非難の対象になっている件

2015年、YGエンターテインメントからデビューした7人組のアイドルのiKON

Bigbangや2NE1と同じ事務所で、YGエンターテインメントがすっごくPUSHしている、次世代のBigbangとの声もあがっているグループです。

そんなiKONが最近ラジオにてTWICEモモのモノマネをしたことで、日本のファンの間では軽い熱愛のネタになっています。

一方韓国ではiKONの対応は非難を受けています。今回はその件についての韓国の記事と反応を紹介します。

 

TWICEモモの下手な韓国語を笑いものにして非難されているiKON

最近iKONはラジオなどによく出ています。事件が起こったのはスペシャルDJを務めた時のことです。

メンバーたちが愛嬌を見せながら数字を数えるゲームをやっていたら、メンバーのジュネがTWICEのモモのモノマネって言いながら、

「こんにちはTWICEのモモです。31!」

とモモのモノマネをします。

 

モモのモノマネとは言え、わざと下手な韓国語を強調してまるでモモをバカにするような感じ。

それに、メンバーたちもそれを聞いて大笑いしたんです。

 

TWICEのファンならみんな知っていると思いますが、モモは韓国語の発音が下手だと自覚していて、それをすっごく心配してたり、勉強もすっごく頑張っています。

それなのに先輩のアーティストがラジオでモモの韓国語をバカにするって・・

 

この映像の34分40秒にジュネのモノマネが出てきます。

話し方とかが、完全にバカにしている様子。

 

ちなみにiKONのメンバーのBOBBYは、同じ日のラジオで態度がひどいと非難されたりもしました。

 

ラジオで広告が流れている間に、机の上に足を乗っけて携帯をいじっています。

ラジオなのでテレビとは違いますが、これはいくらなんでも態度がひどいですよね

※次のページでiKONに対する韓国の反応を紹介します。

前のページへ1/2次のページへ
友だち追加

カテゴリ

iKON K-POP YGエンターテイメント

タグ

オススメ記事