韓国若手ナンバーワン俳優、イジョンソク出演ドラマまとめ

この記事の著者

韓国出身のKPOP・韓国芸能専門フリーライター。慶応義塾大学卒業。

日本にて韓国ドラマや映画の翻訳及び輸入事業をサポート。広告代理店勤務を経て、2012年から韓国Mnetにて、M COUNTDONWやMAMAなどのPRやマーケティングに関わる。

現在は同社退職後、フリーライターとして、幅広い形で日韓文化交流にかかわっている。

今、韓国で一番人気の高い若手俳優のイジョンソク!

モデル出身でスタイル抜群、真っ白でキュートだけど男らしいイケメンの彼は、韓国だけではなくアジア全域で大きな人気を得てみます。

 

イジョンソクのファンなら是非おさえておきたい!

イジョンソクが俳優としてデビューした2010年から2017年までのイジョンソクの出演ドラマをまとめてみました。

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

◆イジョンソクのプロフィール

まずはイジョンソクをあまり知らない方のためにプロフィールを♪

・生年月日:1989年9月14日

・出身地:京畿道

・身長:186センチ

・デビュー:2005年、ソウルコレクションのショーモデルとして

・所属事務所:YGエンターテインメント(2016年から~)

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

イジョンソク出演ドラマをまとめました

◆2010年:<検事プリンセス>のイ・ウヒョン役

ジョンソクのドラマデビュー作である<検事プリンセス>!

まだまだ幼さが残っていて、カッコいいというよりかわいいって感じのジョンソク君。

検事の下で働く事務官なので、常にスーツ姿というのもポイントですね。

 

◆2010年~2011年:<シークレットガーデン>のサン(ハン・テソン)

俳優としてのイジョンソクという名前が知られるようになったきっかけは、この<シークレットガーデン>

ゲイであり若い作曲家を演じたのですが、性格がめちゃくちゃ悪いのに魅力的な役で、女性視聴者からのすっごく愛されたんです。

 

◆2011年:<ハイキック3 -短足の逆襲->のアン・ジョンソク

ジョンソクのあの伝説の‘プインプイン’を生み出したwww<ハイキック3 -短足の逆襲->!

 

今じゃもうトップ俳優になっちゃって、こんな役柄は考えられないんですけどね。

かわいくて守ってあげたくなるジョンソク君が超超超良いんです。

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

◆2012年:ドラマスペシャル<君が一番きれいだった時>のユン・ジョンヒョク

重病にかかり死ぬ時だけを待っている人妻に片思いする青年を演じた<君が一番きれいだった時>

短編ドラマだったのですが、この作品からジョンソクが‘少年から大人の男’になった感じがします。

業界関係者から彼の演技力が認められるようになったのもこの作品がきっかけなんだとか。

 

◆2012年:<ゆれながら咲く花>のコ・ナムスン

イジョンソクとキムウビンという二人の若手俳優とトップ俳優にしたドラマ<ゆれながら咲く花>

実はこのドラマ、<君が一番きれいだった時>の脚本家と監督が演出したもので、前作でジョンソクの可能性を見た監督が、彼をキャスティングしたそうです。

悩む二人の高校生の友情を描いた、心温まるドラマ!

ジョンソクとウビンの演技も素晴らしいし、演出も脚本も素晴らしく。個人的には3回くらい見る作品ですww

ジョンソクもこのドラマで2012年KBS演技対象で新人賞を受賞しました。

 

◆2013年:<君の声が聞こえる>のパク・スハ

<君の声が聞こえる>は、視聴率20%を超える爆発的な人気を得たドラマです!

イジョンソクはここで超能力を持つ少年を演じ、年上の女優であるイボヨンとの淡いラブ♪を見せてくれたんですが。

これがお姉さま方々にものすっごいうけて、ジョンソクは演技力と人気の両面でトップ俳優として認められるようになったんです。

 

◆2014年:<ドクター異邦人>のパク・フン

<ドクター異邦人>で韓国で生まれ北朝鮮で育った天才外科医という難しい役を演じたジョンソク。

実力は確かな天才なのに性格が悪いという…これまでジョンソクが演じることのなかった役柄でしたが、演技は好評を得てます。

有名監督の演出で期待が高かったのですが、終盤になるにつれストーリーがしっかりしていないと少し不評だった作品でもあります。

 

◆2015年:<ピノキオ>のチェ・ダルポ

ジョンソクの出世作である<君の声が聞こえる>の制作スタッフが再度集まり作った<ピノキオ>。

真実を追う社会部の記者たちを描いたドラマで、ジョンソクは日本でも人気の高い女優パクシネと一緒に主演を務めています。

ジョンソクは自分の過去を全て消して生きる、タクシー運転手から記者になった独特な役を演じています。

パクシネともなかなかお似合いですが、大人になったジョンソクのスーツ姿や感情を爆発させるジョンソクを見れる貴重な作品ですね。

出演者たちの演技も、ドラマの演出も素晴らしく、同時間帯の視聴率1位になるほど人気を得ました。

そういえば、最近、二人が付き合っている噂なんですが、真実はどうなんでしょうか。

 

◆2016年:<W-二つの世界->のかカン・チョル

<W-二つの世界->ウルを背景に同じ空間の違う次元、現実と仮想現実を行き来しながら広がるドラマです。

ってよく分からないですよねwww

 

ジョンソクは女性主人公ハン・ヒョジュが演じる漫画家が描いた漫画の中のキャラクターで、そのキャラクターが漫画家に声をかけるという設定なんです。

<ナイン〜9回の時間旅行〜>、<イニョン王妃の男>などを執筆した脚本家の作品でもありますね。

この作品でジョンソクは2016MBC演技大賞で‘大賞’を受賞しました。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

韓国ドラマ 韓国芸能

オススメ記事