友だち追加

元K-POPアイドル練習生が語る、デビュー出来なかった練習生はどうなるのか?

K-Popが好きな方なら誰もが知っていると思いますが、K-Popアイドルはデビューする前に短くても2年、長ければ6~7年の練習生生活を送ります。

 

練習生の時は、多くの場合、合宿することが前提となり、学校に行く時間以外は歌やダンスなどのレッスンを受けなければなりません。

まだまだ10代の子たちが、家族の元を離れて、夢に向かって24時間頑張っているんです。

 

ただ練習生になったからといって、デビュー出来る保証があるわけじゃありません。

デビューのタイミングが合わなかったり、実力が足りなかったりすると、何年も練習生を続けていてもアイドルにはなれない現実がそこにはあります。

韓国のメディアが彼ら練習生の生活とデビュー出来なかった練習生の話を記事にしていたので、紹介します♪

 

デビューできない練習生のリアル

 

<22歳のキムさんの場合>

大手事務所で3年ほど練習生生活をしていたというキムさん(22歳)。

背も高いし、イケメンで、笑顔がかわいいタイプの彼は青少年向けの歌のコンテストで受賞し、会社からスカウトされて練習生になったケース。

歌には誰にも負けないくらい実力があったけど、デビューすることが出来ず、練習生をやめたらしい。

「私みたいにデビュー出来ないと思って自分でやめたケースもあるけど、会社の意志でやめさせられた子だってたくさんいる。

もちろん、夢のために私生活を諦めて練習生になったのは自分の判断だし、自分の責任だけど、会社がひどいって思ったこともある。」

「練習生をやめると、もう会社とは全く関係ない人になる。厳しく管理されていた生活から解放されて、すっごく体重が増えてしまったり、生活がめちゃくちゃになる子も結構見た。

そうすると、他の事務所のオーディション受けたって、もう受からなくなる」

 

「女の子は、かわいい子が多いから、キャビンアテンダントになる子も多い。こうやってちゃんと夢を諦めきれたら良いけど、何をしたら良いか、どうしたら良いか分からくて、時間を無駄にする子もたくさんいた。

私は今は小さい事務所に入って、アイドルではなく普通の歌手としてのデビューを準備している」

他の方の話に続きます。

前のページへ1/2次のページへ
友だち追加

カテゴリ

韓国芸能 韓国芸能人

タグ

オススメ記事