KBAN WRITER

映画「新感染」で影の主役と絶賛されるマ・ドンソクのプロフィール紹介

コンユら人気俳優が出演する韓国のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』!

ドラマ『コーヒープリンス1号店』、『トッケビ』などで日本でも人気が高いコン・ユが主演をつとめていますが。

いざ、映画を見た観客に「かっこいい!最高!」だと評価されているのが、サンファ役を演じたマ・ドンソクです。

 

日本ではまだあまり知られていない韓国俳優マ・ドンソクのプロフィールからデビューのきっかけ、映画『新感染』での活躍などをまとめてみました♪

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

■マドンソクのプロフィール

生年月日:1971年3月1日

身長/体重:175センチ/100キロ

国籍:アメリカ

デビュー:2004年~

インスタグラム:https://www.instagram.com/madongseok_/

 

2004年に映画『風の伝説』でデビューしたマ・ドンソク!

彼は韓国で生まれたんですが、10代の時に家族みんなでアメリカに移住し、現在はアメリカ国籍を持っています。

デビュー後は主に映画を中心に活躍!見た目が見た目ですからww主にヤクザとか犯罪者とか怖-い役が多かったんです。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

■みんなが大好きなマ・ドンソク

ものすごい筋肉質で、怖い見た目の彼ですが、メディアインタビューだったり、バラエティーなどで見せる姿はお茶目で優しい男、そのもの!

撮影現場でも優しいみたいで、共演した女優さんやスタッフさんからも「マ・ドンソクさんは本当に優しい」と言われています。

怖―い見た目だけど、周りの人々には優しく、仕事も出来ちゃうなんて、魅力的ですよね♪

 

だから韓国の20~30代女性を中心に人気が高くて、f(x)のクリスタルと化粧品ブランドETUDE HOUSEのCMに出たり、漂白剤の広告モデルをやったこともあります。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

■マ・ドンソクの意外な前職

筋肉ムキムキ~体質のマ・ドンソク!

単なる筋肉ヲタクかな・・・と思う方もいるかもしれませんが、彼はアメリカでパーソナルトレーナーとして働いたことがある、プロなんです。

アメリカでは有名大学の体育学科に進学、勉強しましたし。

 

トレーナーとして、元UFCチャンピオンであるマークコールマンや故ケビンランデルマンを担当していたらしいから、実力がすごかったんでしょうね。

俳優としてデビューしてからは丸い(?!)印象を作るための(?!)筋肉の量を減らし、筋トレも昔ほどはやっていないということです。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

■『新感染』での活躍っぷり♪

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』では、妊娠した妻と釜山行きのKTXに偶然乗り込んだサンファ役を演じたマ・ドンソク。

自己中で冷たいキャラのコン・ユとは違って、妻と弱い人々を守りきる姿が、多くの人々に指示されています。

カンヌ映画祭で映画が上映された時も、「あのカッコいい男性は誰なんだ」ってマ・ドンソクを絶賛する関係者からの声が多かったんだとか。

 

ちなみに韓国では映画が公開される前にゾンビ映画にマ・ドンソクが出ることが知られると。

韓国の映画観客から

「なるほど、ゾンビが列車内でマ・ドンソクから逃げる映画か」

「ゾンビよ、早く逃げた方が良い」

「マ・ドンソクが余裕でゾンビ殺して平和が訪れる結末だろうね」

という話があったんだとかwww

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

■マ・ドンソクが出るおすすめ作品

それでは『新感染』の他に、マ・ドンソクが出演したおすすめの作品をいくつか紹介します。

 

1.映画『結婚前夜~マリッジブルー~』

結婚を目の前にむかえた4組のカップルの話を描いた作品!

マ・ドンソクは国際結婚を控えていて、花屋を運営している社長(笑)ですが、少し大人の悩みを持っている、かわいい役柄を演じています。

他にも2PMのテギョン、コ・ジュンヒ、キム・ヒョジンらが出演、韓国でも100万人を超える観客を動因しました。

 

2.映画『ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士』

医師のハン・ヒョジュと消防士のゴスによる暖かいラブストーリーを描いた作品です。

マ・ドンソクは部下思いで優しい消防士を演じ、強くて優しい、それこそ女性にとっては理想的な男性の姿を演じました。

 

3.映画『隣人-The Neighbors』

マ・ドンソクが映画俳優として注目されるきっかけになった映画。

韓国俳優として今はハリウッドで活躍するキム・ユンジンが主演をつとめ、娘を殺された母親を演じています。

マ・ドンソクはキム・ユンジンが住むアパートの隣人で、借金取り立て業者をやっていて、殺人犯として疑われてしまいますが・・はたして本当の犯人は?

 

他にも『悪のクロニクル』、『群盗』、『悪いやつら』ほど、マ・ドンソクはたくさんの作品に出ていて、日本でもDVDなど発売されていますので、彼の魅力にハマってみてください♪

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

韓国映画 韓国芸能

オススメ記事