友だち追加

韓国鉄道オタクによる映画「新感染」に対するツッコミが細かすぎて伝わらない件

『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、韓国では珍しいゾンビ映画として1000万人を超える観客を動員し、大ヒットした映画です。

ゾンビの恐怖から逃げてソウルから釜山行きに乗った列車に乗り込んだ人々のストーリーで、韓国の新幹線と言えるKTXが舞台に!

あの『スノーピアサー』以降、初めて鉄道を舞台にした映画だけあって、韓国の鉄道ヲタクが動きました!

韓国の鉄道ヲタクが指摘する「新感染」に出てくる列車の間違っている部分を紹介したいと思います。

 

※映画の内容が含まれています。ネタバレ注意※

 

◆コンユが乗り込んだ列車は釜山行きじゃない?!

コンユが乗り込んだ時に画面に映ったKTXを見ると、テールライトが付いていることが分かります(ソウル駅の構図から考えて、写真の赤いランプがテールライトです)。

だとするとこれはヘンシン駅かインチョン空港駅に向かう列車であって釜山行きではないです!

それから、列車はKTX166列車となっているけど、 実際にはKTX166は釜山を出発してソウルが終点の列車になります。

 

◆途中で車両が変わってしまった?!

ソウルを出発した時のKTX車両はKTX38号機です。

でも写真で見るように、次の駅である大田(テジョン)駅に到着した時はKTX40号機に変ってます。

前のページへ1/2次のページへ
友だち追加

カテゴリ

韓国映画 韓国芸能

タグ

オススメ記事