友だち追加

TWICEの知られざる事実15選。いくつ知ってる?

TWICEに関する意外と知られていないトリビアをまとめた記事を紹介するよ。

みんなどれくらい知ってるかな?

 

TWICEのトリビア15連発!

1.シックスミックス

JYP好きなら一度は聞いたことあるグループ名シックスミックス。TIWCE自体が、このシックスミックスから生まれたものとも言える

元々JYPはGOT7、5LIVE、6MIXというあたらしいグループを準備してた。

6MIXにはリナ(ソンミの曲でラップしてた人)、セシリア、ミンヨン、ナヨン、ジョンヨン、ジヒョ(当時はジスって名前)で構成されたチームで、ナヨンを中心にグループを作ったと言われている。

ショーケース準備もして、シックスミックスのアルバムも殆んど出来上がった状態だった。

でもセシリアが脱退したことで、サナが入ってきたんだけど、リーダーだったリナが俳優になりたいと言ってまた脱退。それでデビュー話はなくなってしまう。

その後、シックスミックスのメンバーだったジョンヨン、ナヨン、サナ、ジヒョ、ミンヨンはメンタル崩壊。

ナヨンは仕方ないと思って立ち直ったんだけど、他のみんなはものすごいスランプに。

そしてSIXTEENという番組を通じてナヨン、サナ、ジヒョ、ジョンヨンはTWICEとしてデビューするんだけど、メインボーカルのミンヨンは脱落してJYPも脱退。

 

2.日本人のサナは韓国語が日本語よりうまい?!

大阪出身のサナ。買い物中にスカウトされて、少女時代のMr.TAXIを歌ってオーディションに合格!

それで結成されたのがJYPの日本デビュー組。

モネ、モモ、ミナ、サナで構成されたチームで、日本で別途デビューするチームをJYPが考えていた。ところが、サナがシックスミックスのメンバーとして引き抜かれてしまう。

シックスミックスでは唯一の日本人メンバーで韓国語の勉強を誰より頑張るしかなく、プロモーションビデオまで撮ってシックスミックスはデビュー直前となったんだけど・・

あの時にリーダーのリナが脱退してシックスミックスは空中分解してしまい、サナは日本チームに戻りたいと思っても、既に日本チームはキッズチームと一緒にショーケースしてた時で、日本人のサナはどうにもならない状態に。

何よりサナは自分がシックスミックスの代替メンバーだったことを知っていて、自分もいつでも誰かに代替できることを知っていたし、SIXTEENが最後のチャンスであることを知っていた。

だからサナは誰より韓国語の勉強を頑張ったし、自分のスター性とセンスを証明するために色々なアイディアを出して、新鮮な姿を見せてくれた。

SIXTEENの中ではインタビューもものすごく上手かったし、メモする時だって韓国語でやってたし、日本語より英語が、英語より韓国語が出来る状態に。

その努力の結果、TWICEに選ばれた。

 

3.ジョンヨンの苗字はユ!

みんな知っていると思うけど、ジョンヨンのお姉ちゃんは俳優のコン・スンヨンさん。

SIXTEENの時からみんな、コン・ジョンヨンって言ってたんだけど、コン・スンヨンさんの本名はユ・スンヨンで、ジョンヨンもユ・ジョンヨン

実際には三姉妹で、コン・スンヨンが一番上で、ジョンヨンは末っ子。二番目のお姉さんは一般人なんだけど、三人とも可愛い。

次のページに続くよ!

前のページへ1/3次のページへ
友だち追加

カテゴリ

JYPエンターテイメント K-POP TWICE

タグ

オススメ記事