KBAN WRITER

韓国映画「タクシー運転手」の主役実在モデルが映画の大ヒットによって発見される

ソン・ガンホ主演の映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』!

1980年に韓国の光州で起きた民主化運動を描いた作品で、実話がもとになった映画です。

政府によるメディア統制が激しかった当時の韓国。

独裁政府に反対する民主化運動が起きた光州のリアルな姿は、当然、メディアに放送されることもありませんでした。

そんな中、光州を取材しようと韓国に来たドイツ人の記者と、その記者をソウルから光州まで案内したタクシー運転手の物語を描いたのが映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』です。

 

大物映画俳優ソン・ガンホが主演しただけあって、韓国では1000万人を超える観客を動員する大ヒットを記録しました。

 

今回は映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』でソン・ガンホが演じたタクシー運転手のモデルになったキム・サボクさんについてお話してみたいと思います。

実際にはどんな人物だったのでしょうか。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

大ヒット韓国映画「タクシー運転手」の実際の人物

◆ドイツ人記者が一生探し続けたキムさん

民主化運動が起きた光州のリアルな姿を取材しようと韓国を訪れたドイツ人記者のユルゲン・ヒンツペーター。

ユルゲン・ヒンツペーターは当時、東京支局で勤務していて、光州に関する日本の報道を見て、光州行きを決定。

録音担当記者のヘーニングと一緒に飛行機で成田からソウルに来ました。

 

タクシー運転手のキム・サボクさんとの出会いはここからスタート。

ソウルから光州まで、ちゃんとした交通便もなかった当時、キムさんはユルゲンとヘーニングと乗せて、広州に向かったんです。

当時の光州は軍人が無差別に一般市民を攻撃していた無法地帯…

外国人でジャーナリストだったユンゲルとヘーニングはまだしも、普通の市民だったキム・サボクさんにとっては、命懸けの行動だったとも言えます。

 

ユルゲン・ヒンツペーターは、2016年にドイツで亡くなるまで、当時のタクシー運転手、キム・サボクさんを探し続けた模様。

名前の他にどんな情報も持っていなかったため、結局、キム・サボクさんを見つけることは出来なかったんです。

◆映画公開後、本人の息子が現れる!?

そして2017年、韓国で『タクシー運転手 約束は海を越えて』が公開されました。

映画は1000万人を動員する大ヒットを記録!

映画の基になったジャーナリストのユルゲン、ヘーニング、それからタクシー運転手のキム・サボクさんへの注目も高まりました。

そんな中、ある男性が

「キム・サボクの息子である」

と名乗り出たんです。

ユルゲンはもちろん、映画製作会社の人たちも映画製作に向けて何年も探したけど見つからなかったキム・サボクさんが今更現れる?!

さすがにこれに対しては疑ってしまう人々が多かったんですけどね。

真実はこういうものでした。

ユルゲンをはじめ、映画製作会社は、キム・サボクさんを普通のタクシー運転手だと思って、当時のタクシー会社の名簿や個人タクシー運送組合の資料などを頑張って探していたんです。

ただどれだけキム・サボクという名前を見つけることは出来ず、おそらく仮名を使ってたんだということで、諦めていたんです。

しかし、キム・サボクさんは当時、一部の高級ホテルが運営していた「ホテルタクシー」をやっていた人物でした。

ホテルタクシーは普通のタクシーとは違って、高級ホテルに所属し、主に外国から来た宿泊客を乗せてあげるのが役割。

だから、タクシー会社の名簿や個人タクシー運送組合の資料にキム・サボクという名前が載ることはなかったんです。

キム・サボクの息子さんは、その後、ユルゲンとお父さんのツーショット写真を公開。

ユルゲンの家族たちも本人であることを確認して、真実が明らかになりました。

 

◆エリート運転手だったキムさんの素顔

キム・サボクの息子によると、キムさんは英語が堪能で、ホテルタクシーの運転手として外国から来たジャーナリストをしょっちゅう乗せていたそうです。

英語が通じるタクシー運転手としてジャーナリストたちに重宝されていたキム・サボクさん。

ユルゲンやヘーニングを乗せたのも、おそらく韓国に来たことある違うジャーナリストの紹介だったんだろうということです。

彼は韓国にいる外国のジャーナリストとも親交がありました。

息子さんと連れてソウルにある外国人記者クラブに行き、光州でジャーナリストたちが撮った映像を見たこともあるんだとか。

1984年、50代の若さで持病により亡くなったキム・サボクさん。

亡くなる前に、ユルゲンやヘーニングに再会していたらと思うと、とても残念な気持ちになりますけどね。

映画がきっかけで、忘れかけていた一人の男性の活躍が世に知られたのは、すっごく意味があることだなって感じました。

この映画日本では2018年の4月に公開予定です。ぜひ見に行ってみて下さい。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

韓国映画 韓国芸能

オススメ記事