友だち追加

江南スタイルヒット後のPSY(サイ)は現在何をしてるのか? 

2012年、「江南スタイル」で世界的なブームを起こした韓国人アーティストのPSY(サイ)!

「オッパン、カンナムスタイル~」という中毒性のあるフレーズと、ロデオに乗っているような面白いダンスで、2012年に世界的なブームとなった韓国人アーティストPSY(サイ)の「江南スタイル」。

「江南スタイル」は聞いたことあるけど、PSY(サイ)のことは知らないという方も、多いですよね。

今回は PSY(サイ)プロフィールから、「江南スタイル」が作った記録、ブーム後のPSY(サイ)の活動と、今何をしているのか、YGエンターテインメントからの独立の噂などについて検証していきたいと思います。

 

江南スタイルのPSY(サイ)(サイ)の現在とは

〇江南スタイルで世界的な人気だったPSY(サイ)のプロフィール

・生年月日:1977年12月31日

・身長:168センチ

・所属事務所:YGエンターテインメント

・デビュー:2001年ファーストアルバム「PSY(サイ) From The PSY(サイ)cho World!」

PSY(サイ)は2001年にヒップホップアーティストとしてデビューした韓国のアーティストです。

デビュー経緯ですがもともとPSY(サイ)がネットに公開した音楽に魅了された芸能関係者がPSY(サイ)をスカウト。

しかし当時のK-Pop界は、H.O.T、S.E.Sと言ったアイドル全盛期。

本格的なヒップホップミュージックがまだ受け入れにくかったという雰囲気の中、PSY(サイ)は成功できないと予想する業界関係者が多かったのですが、絵に描いたようなカッコいいアイドルたちの真逆を行くPSY(サイ)は大きな注目を集め、新人賞を狙えるほどの人気を得るようになりました。

強烈なキャラクターと音楽で‘ちょっと変わったアーティスト’というイメージだったPSY(サイ)が、転機をむかえたのは2010年にYGエンターテインメントに移籍してからのことです。

機械音が激しかったPSY(サイ)の音楽が、より完成度の高いものになってきたのもこの頃だと言われていますし、有名バラエティー番組にも積極的出演して、国民的な人気を得るようになります。

PSY(サイ)のアーティストとしての才能もあると思いますが、やっぱりBIGBANGなどを育ててきたYGエンターテインメントのマネジメント力の影響もないとは言えないでしょうね。

 

〇江南スタイルが作った記録について

そんなPSY(サイ)が世界的なブームを巻き起こした「江南スタイル」を発売したのは2017年7月15日のことです。

「江南スタイル」は6回目のアルバム『6甲 Part.1』のタイトル曲ですが、発売後にYouTubeなどを中心に徐々に話題になり、世界的なブームになったんです。

「江南スタイル」が作った記録を並べてみたいと思います。

これを見るだけでも、「江南スタイル」の人気がどれだけすごいものか、実感できるはずです。

1)アメリカのビルボードHOT100チャートで7週連続2位(韓国語の曲としては史上初、史上最高)

2)49か国のiTUNESチャートで1位にランクイン

3)デジタル音源の販売件数は韓国、アメリカ、イギリスなどの国家だけを合わせても1000万件以上

4)YouTube掲載100日以内に再生数5億回を突破した初めての映像

5)2017年7月までYoutubeの全ての映像の中で再生数1位

6)YouTube再生数20憶回を突破した初めての映像

 

〇実は江南スタイルの後も大ヒット

前のページへ1/2次のページへ
K-POP
友だち追加

オススメ記事