友だち追加
KBAN WRITER

人口、結婚、身長、年収、など数字で見る最近の韓国

日本と似ているようで似ていない、近くて遠い国の韓国!

韓国のことはなんとなく知っているけれど、実はちゃんと知らない部分も多いんじゃないでしょうか。

今回は、様々な統計など数字で見る韓国の社会をまとめてみました。

韓国に興味ある方はぜひ読んでみて下さいね♪

【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件【PR】

数字で見る最近の韓国

◆韓国の人口

51,446,201

※2017年

韓国の人口は約5000万人!

日本の半分以下というところですかね。

K-POPが海外に進出するのは人口が少ないためです。

人口が少ない韓国の中だけでは、エンターテインメント事業の成長があまり見込めないので、最初から日本と中国を視野に入れてアイドルを育成しています。

人口が少ないからこそ、東方神起やBIGBANG、TWICE、BTSといった世界的に人気が高いアーティストが生まれているともいえます。

 

  • 韓国の結婚件数

結婚件数:282,000件

平均初婚年齢:男性32.7歳、女性30.1歳

※2016年

最近、日本と同じように若者が結婚しなくなった韓国。

2016年の数字ですが、統計を取り始めた1970年以降、もっとも低い数字です。

結婚をしなくなったのは、やっぱり競争が激しい社会で就職が難しくなったり、不動産価格が高くなったことなどが上げられています。

特に不動産でいうと、韓国では結婚する時に男性が家を用意して、女性が家電や家具などを用意していた古い文化がまだ一部残っています。

結婚する時は男性と女性がお金を出し合ってでも、家を買わなきゃいけないと考えている人が多いです。

だから不動産価格の上昇は、結婚する時の金銭的な負担になり、‘結婚したくても出来ない人’がたくさん出来てしまうんです。

 

  • 韓国20代の平均身長

男性:173.5センチ

女性:160.9センチ

※2015年基準、20~24歳

韓国のアイドルや俳優がみんな高身長だから、韓国人もみんな背が高いのかな?と思いきや、そこまで日本と変わらない感じですね。

でも女性が160センチが平均というのは高い気もします。

 

  • 韓国の美容整形件数

一千人たりの美容整形件数:17.4件(世界1位)

2014年基準

整形大国というイメージが強い韓国!

実際にも美容整形する人は多いみたいで、 一千人当たりの美容整形件数はなんと世界1位です。

確かに、周りの韓国の友だちに聞いてみると、二重手術とかボトックス注射などは、整形の内に入らないと思っている人もいますね。

 

  • 韓国の平均年収

3387万ウォン(約340万円)

※2016年基準

気になる韓国の平均年収は3387万ウォンと意外と普通って感じです。

 

  • 韓国コ事情

一人たり年間コ消費量:500

スタバックスの店舗数1008

※2017年基準

ご飯を食べた後はコーヒーショップでお喋りをする!という文化が定着しているコーヒーが大好きな韓国人。

一人当たり年間コーヒー消費量が500杯と多いのはもちろんのこと、スターバックスの店舗数も1008年と、日本の1040店舗(2017年基準)と比べても全然少なくないです。

ていうか、人口を考えると韓国の方がはるかに多いということですよね。

 

  • 韓国アルコル事情

一人たり年間アルコル消費量:12.3リットル(世界15位)

※2014年基準

コーヒーに次いでアルコールが大好きそうな韓国人!というイメージ強いですよね。

一人当たり年間アルコール消費量は12.3リットルと世界から見ると15位なんですって。

ものすごい量を飲んでいるイメージだったのに、15位とは意外と低いかもしれませんね。

 

  • コンビニ事情

のコンビニ店舗数34,376

コンビニ1店舗当たりの人口1,504

2016年基準

韓国でも最近は一人暮らしの人が増え、コンビニを利用する人が増えています。

2016年に全国のコンビニ店舗数は34,376件と、日本の約50,000と件と比べても全然少なくない数字です。

むしろ人口1000人あたりに対しての店舗数は韓国のほうが多いですね。

 

  • 韓国映画事情

年間公開映画数:1765本

映画館の年間観客数:2憶1987万人

※2017年基準

映画大国と呼ばれている韓国!

デートでは映画館に行くことが決まり的な文化もありますし、若者だけではなくて、50代や60代といった中年層もかなり映画館に行っているんです。

ですから 映画館の年間観客数は2憶1987万人と、人口が約5000万人なんで、一人が少なくとも4回は映画に行っていることになります。

幼い子供とか、映画館に行けない人もいますし、実質の平均はもっと高いんでしょうね。

ーーー

ここまで‘数字で見る韓国’をまとめてみたんですが、みなさんいかがでしたでしょうか。

近いようで遠い韓国と日本の違いが少しは分かった気がしてきました♪

韓国社会
友だち追加

オススメ記事