KBAN WRITER

何をいってるのかわからない、韓国人が1人もいないK-POPグループEXP Editionとは

最近、韓国で、韓国人が一人もいない、ニューヨーカーだけで構成されたK-POPアイドルが注目を集めています♪

そのグループとは、2017年にデビューしたEXP Edition

フレンキー、ハンター、シメ、コキの4人のメンバーで構成されたEXP Edition

グループの紹介、メンバーのプロフィールとツイッターでの反応をまとめてみました。

 

→明日から実践できる韓国人彼氏の作り方

EXP Editionとは

💂🏻🌨palace🌨💂🏻

A post shared by 코키 🐶 Koki ✨ 光希 (@koki.exp.edition) on

EXP Editionとは、K-POPアイドルグループなのに、韓国人が一人もいないことで注目を集めました。

そもそもなぜそんなグループが誕生したのか?!

グループが作られたきっかけはなんと学生の論文。

というのは、ニューヨークの大学院で学んでいた韓国留学生のキム・ボラ氏と日系アメリカ人のカリン・クロダ氏、サマンサ・シャオ氏が研究していたテーマが

「韓流がグローバルエンターテインメント市場にどんな影響を与えているか」

どのようにアイドルグループが生まれ、どのようにデビューされるのかというプロセスを研究するためのプロジェクトとして、グループを企画したということ。

グループが出来たのは2015年ですが、当時、アメリカでもK-POPが注目されはじめた時期で、予想を超える人気を得たEXP Edition

メンバーたち自ら韓国でのデビューを夢見ることになり、クラウドファンディングを通じて約300万円の資金を集め、20174月にデビューを果たしました。

海外のK-POPファンの間では「ありえない」「K-POPグループとは言えない」という反応も多かったみたいですが、K-POP本家(?)の韓国では、「実力があってすばらしい」「韓国人だけがK-POP出来るわけじゃない」と応援する声が多く、徐々に人気を持ち始めています。

 

EXP Editionのメンバープロフィール

Feankie(フレンキー)

出身:ポルトガル

身長:176センチ

担当:リーダー、ボーカル

公式SNS

EXP Editionのリーダーとしてチームをまとめており、ボーカルとしての能力も優れているフレンキー。

いつも明るくて、ポジティブな姿がフレンキーの魅力でもあります。

育ちはニューヨークで、10代の時はずっとサッカー選手をしていたけれど、怪我のため諦め、歌手を目指すようになったんだとか。

ポルトガルの音楽と、韓国の演歌と言えるトロットが似ている部分が多く、K-POPアイドルになった今でも、時々、トロットを披露したりします。

 

Hunter(ハンター)

出身:アメリカ

身長:186センチ

担当:ラップ

公式SNS

身長が186センチもあり、EXP Editionとしてデビューする前には広告モデルとしても活躍していたハンター。

ニューヨーク生まれ育ちの正真正銘のニューヨーカーですが、通っていたダンススクールでK-POPダンスについて知ることになり、グループが一体になって歌って踊ることに魅力を感じたそうです。

メンバーみんなが認めるイケメンだし、トークも上手で、EXP Editionの人気をけん引しているメンバーだといえます。

 

Sime(シメ)

出身:クロアチア

生年月日:199217

身長:190センチ

担当:ボーカル

公式SNS

シメは、クロアチア出身で、母国ではミュージカルを学び、ミュージカルステージも上がったことのある歌とダンスの才能を持っているメンバーです。

ミュージカルの本場でやっていきたいという夢を持って訪れたニューヨークでもミュージカル俳優として活躍。

その後、EXP Editionのオーディションのことを知り、合格した時は、「人生でとっても重要なチャンス」だと思ったんだとか。

K-POPアイドルとしてデビューしてから、同じように歌やダンスの世界で頑張っている人々からたくさんのメッセージをもらっていて、K-POPの影響力を実感しているそうです。

 

Koki(コキ)

出身:香港生まれ、アメリカ育ち

生年月日:199324

身長:186センチ

担当:ボーカル

公式SNS

アメリカ人の父と日本人の母を持つメンバーのコキ!

中学生の時からK-POPが好きで、アイドルになりたいという夢を持つようになり、EXP Editionのオーディションを受け合格。

EXP Editionのオーディション告知を見たときに、K-POPは韓国人がやるものをいう固定概念を壊す部分がすっごく魅力的だったということです。

お母さんが日本人ということだけあって、東洋人と西洋人の魅力が絶妙的にまざっているのがコキの魅力。

もちろん日本語も出来るらしく、日本人ファンとのコミュニケーションも、最近は増えているんだとか!

EXP Editionとしてデビューする前からも広告モデルなどをやっていたそうです。

 

EXP Editionのツイッター反応(韓国)

EXP Editionに関する韓国のK-POPファンの反応や、ファンが撮った素敵な写真をまとめてみました!

EXP Editionの初めてのミニアルバム!

左からシメ、ハンター、コキ、フレンキー

本当に本当に本当に本当にカッコいい!!

 

 

私はハンターの瞳にやられちゃった

 

歌が本当に良い

マンネのKokiかわいい

 

EXP Editionなんでファン少ないか理解できない

結論は好きになるべき

 

Kokiは自分のキュートさを分かってるよね、そうじゃないとこんなこと出来ないよね

 

最初はKoki好きだったけど、気づいたらシメに集中してた

 

EXP Editionのツイッター反応(日本)

友だち追加

この記事のカテゴリ

K-POP

オススメ記事