KBAN WRITER

芸歴の長さは伊達じゃない、子役出身のK-POPアイドルまとめ

K-Popアイドルはデビュー前に何年間かの練習生時代を経てデビューするのが普通ですよね。

でも中には、子役としてドラマやバラエティー番組などで顔が知られてから、アイドルとしてデビューした子もいます!

子供の頃から才能を発揮してきて、アイドルとしても成功した、子役出身のアイドルスター10人をご紹介します♪

→明日から実践できる韓国人彼氏の作り方

子役出身のアイドル達

◆ホンギ@FTISLAND

日本でも韓国でも人気の高いFTISLANDのホンギ!

ホンギが子役出身ということは、K-Popファンなら誰もが知っている有名な話ですよね。

FTISLANDとしてのデビューは2007年ですが、その5年も前に子供向けドラマ『マジックキッドマスリ』に出演したのが、事実上の芸能界デビューです。

その後もホンギは、様々なドラマに出て子役として活躍していたのですが、FTISLANDとしてのデビューのために何年か演技を休んで、2007年にアイドルデビューしました。

ホンギはデビューしてからも演技活動を続けているので、子役時代の経験が役に立っているのでしょうね。

 

◆ウンジョン@T-Ara

T-Araのメンバーとして活躍しているウンジョン。

ウンジョンも実は、アイドルとしてデビューする何年も前から芸能界入りしているアイドルです。

ファンの間で‘本当のデビュー’だと言われているのは1995年に出たリトル・ミスコリア大会で入賞したこと。

ウンジョンは1988年生まれなので、1995年なんて、まだ本当に子供の頃なんですけどね(笑)

実はウンジョンのお母さんがウンジョンを妊娠した時、芸能人になる夢を見て、生まれた子は芸能人に育てるって決めてたんですね。

リトル・ミスコリア大会以降は、小さい所属事務所に入り、ドラマの子役を続けていたウンジョン。

T-Araとしてデビューを準備するようになってからは同じ事務所の先輩のプロモーションビデオに出たりもしていました。

デビューしてからは、紆余曲折あったT-Araですが、ウンジョンはT-Araとしても女優としても活躍しているので、今後も女優として頑張って行くのだと思います。

 

◆ムンビン@ASTRO

ASTROとして2016年にデビューしたムンビンは、東方神起のプロモーションビデオでユンホの子役として出演しています!

ですので、ムンビンがデビューした時は、‘あの子がこんなに大きくなったの’って話題になりましたね。

ちなみにユンホとムンビンは12歳も歳が違います(ユンホも先輩になりましたの…笑)

東方神起のプロモーションビデオの他にもドラマ『花より男子』の韓国版とか、企業CMにも出ていたムンビン。

その優しいイケメンのイメージのまま、立派に成長してくれて、今もASTROのイケメンメンバーとして活躍しています!

 

◆パク・ジフン@WannaOne

前のページへ1/2次のページへ
友だち追加

この記事のカテゴリ

K-POP

オススメ記事