友だち追加
KBAN WRITER

スタイルナンダ/3CEが400億円で売却、成功した理由とは

2018年4月10日、個人が経営するオンラインショッピングモールであるスタイルナンダ/3CEがあの世界的なブランドのロレアルに売却されたと発表されました。

売却金額はなんと約400億円!

スタイルナンダ/3CEがなぜここまで成功できたのか、その理由を探ってみました。

【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件【PR】

スタイルナンダはなぜ成功したのか?

◆ロレアルに400億円で売却されたスタイルナンダ/3CE

スタイルナンダはファッション好きなキム・ソヒ代表が2004年に立ち上げたオンラインショッピングモールです。

最初は個人が経営する小さなモールで、キム・ソヒ代表のセンスで選んだファッションアイテムを販売するところでした。

しかし韓国のオンラインショッピングモールのブームもあり、スタイルナンダはどんどん成長!

2016年基準では年間売り上げが約120億円!

大成功を収めたんです。


写真:スタイルナンダのキム・ソヒ代表)

数年前からはコスメブランドの3CEも始め、韓国だけではなく中国、日本で高い人気を誇っています。

今回、ロレアルがスタイルナンダの売却に関心を持ったのも、この3CEの成功があったかで、アジアですでに成功しているところが魅力的だったということです。

小さな個人経営のモールから始めたスタイルナンダが、ここまで成功できなのは、どんな戦略があったからでしょうか。

 

◆スタイルナンダ/3CE の成功理由

○オンラインにもかかわらず細かい顧客対応

オンラインショッピングモールであるスタイルナンダが、ここまで大きな成功を収めた理由として、一番に上げられているのが、‘細かい顧客対応’です。

これはスタイルナンダの創立者であるキム・ソヒ代表も、事業を始めた初期段階から力を入れている部分だと公言しています。

オンラインショッピングモールって、やっぱり店舗に比べれば、お客さんとの接点が少ないですよね。

顔も見えないし、声も聞こえないし、基本的には顧客対応は最小限にというのが普通だと思います。

しかしスタイルナンダはサイトを立ち上げて最初の頃は、キム・ソヒ代表が自らお客さんの問い合わせ電話に出ていたそうです。

それに販売しているものに対する疑問だけではなく、コーディネートの仕方やダイエット方法、恋愛相談にまでのっていたそうです。

そうやってオンラインモールだけどオフラインの店舗に負けないくらい細かい顧客対応で、どんどん常連さんが増えて、スタイルナンダが有名になっていたということです。

今でもスタイルナンダはサイト上の掲示板はもちろん電話、チャットなどでリアルタイムで顧客対応をしています。

そこでスタイルナンダで売っている服とコスメをどう着て、どう使うかに関する疑問にこと細かく答えてくれています。

私もスタイルナンダでワンピースを買う時、サイト上の写真には映っていないけど気になる部分があって、チャットで問い合わせたらすぐその部分を撮って送ってくれました。

それでオンラインだけど商品に対する不安な気持ちもなく、買い物をすることができたんです。

これは韓国の数多くのオンラインショッピングモールの中でも本当にユニークで、スタイルナンダが優れている部分だと思います。

 

○毎日10着の新商品をアップデートする

以前、スタイルナンダの広報の人とお話する機会があって、スタイルナンダの経営方針について聞いたことがあります。

スタイルナンダは‘オシャレな女の子には、毎日違うファッションを楽しんでほしい’ということを常に追求しているとのこと。

毎日、その日の気分によって違う色やデザイン、スタイルのファッションを楽しむための手助けをする役割をはたしたいということでした。

そしてその経営方針を基に毎日、月曜日から金曜日まで少なくとも10品のファッションアイテムをサイトに更新しています。

毎日10品って・・・年間でいうと300くらいの新しいファッションアイテムを紹介するということです!!!

そんなことができるの?!って大手のファッションメーカーでもできそうにないんですけどね。

広報担当者曰く、10品の中にはスタイルナンダが制作しているものもあれば、東大門で作られた商品をセレクトして買い付けてくるものもあるとのこと。

韓国のファッションの中心と言える東大門の数多くの制作工場のバックアップもあって、こういうことができるんだそうです。

そしてこうすることで、スタイルナンダの常連さんであれば、ほぼ毎日のようにサイトに入ってきて、一週間に何度も注文をすることもあるとのことです。

 

○メイクアップコスメは有名ブランドでは出さないような色で勝負

韓国でスタイルナンダはまだコスメよりファッションブランドというイメージが強いです。

しかし今回、スタイルナンダがロレアルに売却されて明らかになったのが、スタイルナンダの売上の70%がコスメの3CEから出ていることです。

スタイルナンダが数年前からスタートして、今では韓国や中国、日本でも有名になっている化粧品ブランドの3CE

化粧品を作るようになったきっかけは、モデルの化粧についての顧客の問い合わせに答えているうちに、スタイルナンダだけのコスメを作りたいと思ったんだとか。

それではなぜ3CEの化粧品はここまで成功することができたのでしょうか。

みなさんご存知の通り、韓国はコスメ大国です。

高級なハイブランドから、安くて手軽なものまで数え切れないほどの化粧品ブランドがあります。

その中で3CEは、みんなが好きな定番のものより、スタイルナンダじゃないと手に入れないようなものを作っているんです。

3CEのアイシャドウとかリップとかの色を見ると、どこのブランドにもある定番のカラーはほとんどありません。

たとえば赤がコンセプト、他のブランドでは出さないような奇抜な赤からくすんだ赤、淡い赤・・・他のブランドと差別化されたものを出しています。

かわいいパッケージで話題になったミルククリームも、化粧の下地として使えたり、保湿クリームとして使えたり、様々な使い方ができるユニークな商品ですもんね。

こんな努力があってスタイルナンダは韓国の数多くのコスメブランドの中で、成功を収めることでできたんでしょうね。

 

○マーケティングで一番力を入れるのは自社SNS

#goodmorning #stylenanda #❤️

A post shared by Stylenanda,3ce,kkxx (@stylenanda_korea) on

最後に紹介するスタイルナンダの成功秘訣は、最初に紹介した‘顧客第一’の考え方と通じる部分でもあります。

スタイルナンダは、どんなマーケティング手段より、自社が運営するSNSを大切に思っているとのことです。

テレビや雑誌の広告を作ったり、インターネットでの広告に力を入れるよりかは、顧客とダイレクトにコミュニケーションできることを最優先するということでしょうね。

#stylenanda #summer ❤️

A post shared by Stylenanda,3ce,kkxx (@stylenanda_korea) on

たとえばスタイルナンダは、ファッション業界では一番のマーケティング手段とされる有名人や芸能人に商品をプレゼントして、それをPRしてもらうということもしていないらしいです。

あの有名なホンデの店舗に芸能人が来ても、特別扱いしたり割引したりせず、普通のお客さんと一緒に対応するんだとか。

無理に有名人のSNSに載せてもらおうなんて考えずに、自然と自社を好きになってくれるお客さんを優先することで、徐々に常連さんが増えていく方式ですね。

日本でミルククリームが有名になりはじめたのも、韓国に来てスタイルナンダを知った人たちから口コミが広がったのがきっかけだそうです。

前述したスタイルナンダの広報さんの証言では「いつの間にか有名になってました」という気持ちだったそうです。

そのためスタイルナンダは毎日、ファッションアイテムを更新するように自社SNSも欠かさずに更新!

スタイルナンダを見ているだけでもオシャレな気持ちになる数多くのコンテンツをアップしています。

今、韓国のスタイルナンダと3CEの公式インスタグラムのフォロワー数はなんと約200万人。

韓国の大手化粧品ブランドのイニスフリーが約50万人、ETUDE HOUSEが約67万人ですから、それをはるかに超える数字です!

スタイルナンダや3CEがどれだけ影響力のあるブランドなのかが極端に分かる数字ですよね。

韓国コスメ 韓国ショッピング
友だち追加

オススメ記事