KBAN WRITER

PRODUCE(プロデュース)X101 6話、上位メンバーが徐々に固定化され始める

2019年6月7日、アイドルサバイバル番組『PRODUCE(プロデュース)X101』 の第6話が放送されました。

第6話ではシリーズ初の”ポジション評価”が始まりました。

詳しい番組内容と全練習生のランキング、韓国の反応を速報でお伝えいたします。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆『PRODUCE(プロデュース)X101』のポジション評価

画像:https://tv.naver.com/v/8660674/list/471556

 

前回、初めての脱落者が出た『PRODUCE(プロデュース)X101』。

残った約60人の練習生が、より厳しい戦いに挑むことになります。

6月7日の第6話ではこれからスタートするポジション評価の様子が放送されました。

ポジション評価とは練習生たちがラップ、歌などポジション別に分かれて評価を受けるというものです。

画像:https://tv.naver.com/v/8679954/list/471556

 

ポジション別に評価曲があって、練習生がそれを選び、チームになってステージを披露。

現場に集まったファンが練習生に投票をするというのは、グループバトルと変わらないのですが、ポジション評価はチームの勝ち負けは関係ありません。

ファンは練習生全員に上手かったor上手くなかったのどちらかの投票を行い、上手かった=1票になります。

ベネフィットをもらえるのはチームの中で獲得票数1位の練習生と、それぞれのポジションで一番、獲得票数が多い練習生だけ。

ですからチーム戦というよりかは個人戦の色が強くなるし、目立つ存在であるセンターポジションの争いも厳しくなりました。

 

〇新しいルールが出来た今シーズン

画像:https://tv.naver.com/v/8660674/list/471556

 

『PRODUCE(プロデュース)X101』では、前のシーズン『PRODUCE(プロデュース)48』の時はなくなっていたラップポジションが復活。

また”Xポジション”というのが新しく加わりしました。

“Xポジション”とは、二つのポジションが組み合わせられたもので、”ボーカル×ダンス”と”ラップ×ダンス”の二つ。

二つのポジションを合わせたことで、実力のある子はよりアピールしやすくなりますが、”ボーカル×ダンス”は編曲と振り付けを、”ラップ×ダンス”はラップメイキングと振り付けの両方をやらなきゃいけません。

 

〇ポジション評価のベネフィット

画像:https://tv.naver.com/v/8660674/list/471556

 

ファンにとってはやっぱりポジション評価でのベネフィットが気になると思います。

上で説明したようにベネフィットはチームの中でファンからの投票の獲得票数が一番多い練習生と、またポジション別に一番、獲得票数が多い練習生に与えられます。

今回のベネフィットは下記の通り。

・チームでの1位:自分の獲得票数×100倍

・ポジションでの1位:100,000票

画像:https://tv.naver.com/v/8677307/list/471556

 

しかも驚きなのが二つのポジションを組み合わせたXポジションの場合、全てのベネフィットが2倍になります。

Xポジションのチーム内で1位の子は自分の獲得票数×200倍、Xポジションの中での1位になった子は20万票のベネフィットがあるんです。

確かにベネフィットは魅力的ですが、二つを完ぺきにできないとあえて票をもらえなくなりますからね。

イ・ドンウクさんいわく「Xポジションはハイリスク・ハイリターン」とのこと。

それでは一体、どんな子がXポジションを選んだのでしょうか。

ポジション評価の全ての曲とそれを選んだ練習生を(公開されている範囲で)紹介します。

 

〇ポジション評価のポジション別の評価曲と練習生

<ボーカル>

・Paul Kim – Me After You

キム・ヨハン、チャ・ジュノ、キム・ヒョンビン、ハン・スンウ、ウィ・ザウォル

 

・Hwa Sa – TWIT

イ・ウンサン、ユン・ジョンファン、カン・ソクファ、イ・ミダム、イヒョブ

 

・赤頬思春期 – To My Youth

キム・ウソク、キム・ミンギュ、イ・ジヌ、イ・セジン、チェ・ビョンチャン

 

・Wanna One – Day by Day

?、?、?、?、?

 

<ダンス>

・Imagine Dragons - Believer

ソン・ドンピョ、?、?、?、?、?

 

・Bruno Mars – Finesse

キム・シフン、ハム・ウォンジン、ソン・ヒョンジュン、イ・ハンギョル、キム・ドンユン、ジュ・チャンウク、カン・ミンヒ

 

・Jason Derulo – Swalla

?、?、?、?、?、?

 

<ラップ>

・ZICO – Yes Or No

ナム・ドヒョン、チョ・スンヨン、キム・ソンヨン、チョン・ジェフン

 

・HAON&Vinxen – Barcode

ユリ、ペクジン、イ・ウジン、ウォン・ヒョク

 

<ボーカル×ダンス>

・Charlie Puth – Attention

ク・ジョンモ、トニー、ハン・ギチャン、ムン・ヒョンビン、キム・ソンヒョン、ヒダカ・マヒロ

 

<ボーカル×ラップ>

・Ja Mezz, Andup, MINO – 亀甲船

イ・ジヒョク、イ・ジヌ、?、?、?、?、?

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆『PRODUCE(プロデュース)X101』の今後の流れ

第6話ではポジション評価の一部のステージが放送されました。

実際、ポジション評価ステージの収録は6月2日にソウルで行われたので、すでに結果は出ている状態。

ですので、来週、まだ放送されていないポジション評価ステージが放送されると・・・

次の週には早くも2回目の順位発表式があります!

2回目の順位発表式で生き残れるのはたったの30人。

『PRODUCE(プロデュース)X101』の厳しい戦いはまだまだ続きます。

 

◆『PRODUCE(プロデュース)X101』の第6話の最新順位

20位 イ・セジン

 

19位 チョ・スンヨン

 

18位 キム・グクホン

 

17位 イ・ハンギョル

 

16位 クム・ドンヒョン

 

15位 チャ・ジュノ

 

14位 チェ・ビョンチャン

 

13位 ハン・スンウ

 

12位 ソン・ドンピョ

 

11位 イ・ジニョク

 

10位 ハム・ウォンジン

 

9位 ソン・ユビン

 

8位 ク・ジョンモ

 

7位 ナム・ドヒョン

 

6位 イ・ウンサン

 

5位 キム・ヨハン

 

4位 イ・ジヌ

 

3位 キム・ミンギュ

 

2位 ソン・ヒョンジュン

 

1位 キム・ウソク

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

PRODUCE X 101に対する韓国の反応

韓国人

今日はグ・ジョンモがすごく良かった!

 

韓国人

マヒロ、残念だったよね

ボーカルもダンスもそこそこ実力あるし、センターだったのに

チームで7位だなんて

 

韓国人

キム・ヒョンビンが27位だなんて信じられない 涙

 

韓国人

実力ない子が上に上がってるのは納得いかない

 

韓国人

やっぱ今シーズンは実力低いよね

 

韓国人

キム・ヨハン落ちた・・・衝撃・・・

 

韓国人

1~3位はもう確定じゃない?

 

韓国人

実力ある子ほしいならイ・ジニョクにもっと入れてほしい 涙

 

韓国人

イ・ジニョクはデビューさせるべき

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

PRODUCEX101

オススメ記事