KBAN WRITER

元JYJユチョンの裁判で検察が1年6カ月を求刑、執行猶予はあるのか?

2019年6月14日、韓国で麻薬投与の疑いで拘束されているパク・ユチョンの裁判が行われました。

パク・ユチョンの裁判での様子と最終陳述の内容、今後の裁判の流れなどを速報でお伝えいたします。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆パク・ユチョン裁判の一部始終をリポート

画像:https://twitter.com/yonhaptweet/status/1139406946677583873

(画像は6月14日のパク・ユチョンではありません。)

 

2019年6月14日、韓国のソウル近郊である水原(スウォン)地方裁判所でパク・ユチョンの裁判が行われました。

パク・ユチョンは4月26日に麻薬投与の疑いで逮捕され、今回が初めての裁判。

 

みなさん裁判というと何度も何度も弁論を行ったり証拠を見せたりすることを想像すると思いますが。

パク・ユチョン側はすでに罪を認めており、証拠を争ったりする必要もないため、今回の裁判でパク・ユチョンの最終陳述・検察による求刑まですべて行われました。

 

裁判がスタートしたのは14時頃。

パク・ユチョンはベージュ色の囚人服を着て登場しました。

裁判の時はかならず非公認の本人確認の手続きが行われます。

 

裁判官「名前はパク・ユチョン?」

ユチョン「はい」

裁判官「生年月日を教えてください」

ユチョン「1986年6月4日です」

裁判官「職業は」

ユチョン「芸能人でした」

 

パク・ユチョンは下を向いたまま裁判官の質問に答え、本人確認が終わると本格的な裁判が始まりました。

画像:https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005309775

(画像は6月14日のパク・ユチョンではありません。)

 

まずは検察側がパク・ユチョンの公訴事実(どんな罪を犯したかに関する詳細な内容)について説明しました。

細かい内容は割愛しますが、主にファン・ハナと一緒にヒロポンを買い、投与したということで、合わせて7回にわたって使用したという罪です。

検察が公訴事実を読み終えると裁判官がすべての内容を認めるかとパク・ユチョンに質問。

パク・ユチョンは「はい」と短く答えました。

 

その後は、提示された証拠を認めるか認めないかなどの話し合いが行われ、裁判はスムーズに進みました。

上で説明したようにパク・ユチョンは罪を認めていますし、特に難しい事件でもないので、裁判官は検察が求刑をするように指示。

(求刑とは検察側が裁判官に”この人はこんな罪があるので、これくらいの処罰が必要です”と要求することで、判決ではありません)

検察は懲役1年6カ月を求刑しました。

 

求刑が終わるとパク・ユチョンの弁護士による最終弁論がスタート。

判決前に裁判官に弁論出来る最後のチャンスなので、ここは大事ですね。

 

弁護士の最終弁論では、罪は認めるがユチョンは深く反省しているということを強調していました。

例の記者会見について家族とファンをガッカリさせたくなくて嘘をついてしまったという説明もありました。

画像:http://www.hani.co.kr/arti/area/capital/897943.html

(画像は6月14日のパク・ユチョンではありません。)

 

パク・ユチョンは弁護士の最終弁論を聞きながらずっと泣いていて、傍聴に来ていたファンの中にはその姿を見て号泣する方もいました。

これで裁判を終えることも出来たと思いますが、パク・ユチョンは自ら最終陳述として書いてきた反省文を読み上げました。

 

「私が拘束されて以来、家族や友人に会う度に心配してくれて涙を流す姿を見ながら私の間違いで私を信じてくださった方にどれほど大きい(涙を流す)どれだけ大きく失望したか、どれだけたくさんの涙を流したか想像も出来ません。私が大きな罪を犯したことを本当に痛感しています。私が私の罪を全て認めて、誰かを恨んだり嫌いになる気持ちより、私という人間を信じてくださったみなさんに申し訳ない気持ちです。自己嫌悪して‥(中略)私自身に恥ずかしいですし、多くの方にご心配かけて、本当に申し訳ございません。」

 

ずっと泣きながら反省する姿を見せたパク・ユチョン。

裁判は終始、重い雰囲気でしたね。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆パク・ユチョンの今後について

パク・ユチョンの陳述を最後に今日の裁判は終了となりました。

あと残りは判決のみで、2019年7月2日10時に同じく水原(スウォン)地方裁判所で行われます。

ファンにとってはやっぱり実刑判決が出るかどうかがすごく気になるところだと思います。

判決が出るまでもちろん分からないのですが、検察が1年6カ月と短い刑を求刑しましたし、パク・ユチョンは初犯ですので、執行猶予付きの判決が出る可能性が高いのではないでしょうか。

執行猶予付き判決が出れば、とりあえずパク・ユチョンは逮捕状態から自由の身になることは出来ます。

もちろんそこから芸能界復帰などはまだまだ遠い話ではあると思いますが、今後、どんな姿を見せてくれるか引き続き取材していきたいと思います。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

ユチョン

オススメ記事