KBAN WRITER

とどまることを知らない、ある韓国記者のIZ*ONE矢吹奈子に対する熱い思い

HKT48のメンバーで、アイドルサバイバル番組『PRODUCE(プロデュース)48』からデビュー組として選ばれた矢吹奈子!

韓国でも高い人気を得ている矢吹奈子ですが、あるメディアの記者が‘矢吹奈子のすごいファン’だと有名らしく、どんな人なのか調べてみました。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆記事にものすごい愛情を込めて注目されはじめた記者

PRODUCE(プロデュース)48』でし烈なサバイバルが続いてた時、矢吹奈子のある写真がファンコミュニティーで注目されます。

 

空港で撮られた写真なのですが、文化部の記者が撮ったとは思えないハイクオリティ!

(記者とホムマは、やっぱり被写体への愛情が違うし、記者は何よりスピード性が求められるので、写真のクォリティーはホムマの方が上だと言われています。)

 

気になったファンたちが、誰が撮った写真かと思って調べてみると。

韓国のインターネットメディア‘グローバル経済新聞’のイ・ヒョンホン記者という方が撮った写真であることが判明しました。

記事タイトルも「矢吹奈子、ベビーみたいな小っちゃい妖精、奈子のハート」となかなかの愛情っぷり(笑)

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆奈子のコミュニティーに姿を現したファン記者

そうやって矢吹奈子のファンから注目されたグローバル経済新聞’のイ・ヒョンホン記者は、サバイバルが続くと、愛情がどんどん深くなり…

矢吹奈子のファンコミュニティーに来てこんな言葉を残したりもしていました。

 

「タイトル:イ・ヒョンホン記者です

内容:奈子、今日100枚アップします。 奈子ラブ 奈子フォーエバー」

 

メディアの記者がファンコミュニティーに記事の予告ってwww

ちょっと面白いですよね。

もちろんファンとしてはかわいい写真をたくさんアップしてくれるんだから嬉しんですけどね。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆奈子がSHOWROOMで話したこともタイトルに反映する

ただ中には、‘アクセス稼ぐためのPRにすぎない’と批判するファンもいました。

韓国には数百に近いインターネットメディアがあって、小規模の所はアクセス数によって記者の実績が決まる所もあるので、自分の実績のために‘ファンのふり’をしているということです。

そんな誤解が解けたのがこの記事。

 

この記事のタイトルが

「矢吹奈子、‘奈子はスウイングチップのチキンしょうゆ味、食べる予定で幸せです~」

という謎なものですが。

実は矢吹奈子がSHOWROOM(ショールーム)で、スウイングチップという韓国のお菓子の話をしたことがあるんです。

ですからイ・ヒョンホン記者は、SHOWROOM(ショールーム)までしっかりチェックしているファンであることが証明されました!

 

奈子もそれを知っているかな?

しっかりアイコンタクトしてくれていて、すてきな写真が出来上がっています(笑)

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

◆イ・ヒョンホン記者の記事タイトルのまとめ

それでは最後に、矢吹奈子の本物のファンだと証明されたグローバル経済新聞のイ・ヒョンホン記者がアップした記事タイトルをまとめてみました。

どんどんエスカレートしていく彼の半端ないファン心を見てみてください!

 

「こんなにかわいい奈子ウサギは大きく見ないと」

「心臓が二つでも足りなさそうなアイコンタクト」

「ウサギの生まれ変わりは矢吹奈子」

「奈子が着て輝く空港ファッション」

「かわいいの実をたくさん食べて歩いてくる奈子」

「ポケットに入れておきたい世界最強のかわいさ」

「袋が必要なかわいさというのは奈子のためのもの」

 

「キヨミ(*かわいい子という意味)奈子姫のハートは愛です」

「ドキドキする奈子姫のハート」

「ベビーみたいな奈子のV」

「奈子みたいにかわいいケース」

「ベビーみたいな小っちゃい妖精奈子のハート」

 

「かわいいスタイルのキュートの実を食べてきたベビー妖精奈子を見たら心臓が618個でも足りない」

「望みに望んでいたデビューという道を歩んでいるストロベリー姫ベビー妖精奈子をたくさん応援してください」

「矢吹奈子-バナナカルチャーのキム・ナヨン、ベビー姫奈子とピーチ妖精の暖かいケミストリーにぽちゃんとおぼれるくらい酔っても良い日~」

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のカテゴリ

IZONE K-POP PRODUCE PRODUCE48

オススメ記事