友だち追加

【閲覧注意】韓国カルト宗教団体が引き起こした知られざる5つの凶悪事件まとめ

今回は韓国のカルト宗教団体によって引き起こされた凶悪事件を紹介します。

自分はイエス・キリストの代わりだと宣言したアガドンサン事件

教授のキム・ギスンがバイブルと讃美歌からイエスを消し、自分がその代わりの‘アガ’であると信者たちを洗脳。

 

教授は白いドレスを着て、踊りながら登場してくる。

 

教授のキム・ギスンは、とにかく信者を死ぬほど働かせて、信者は年に4日しか休みがなく、外出も家族との面会も禁止されていたらしい。

それに徹底的に禁欲的な生活を強いられていて、夫婦であっても一緒に寝ることは禁止されていたんだとか。

 

信者たちの財産は全て教団の共同財産化して、レコードショップなどを全国的に展開し、莫大なお金を稼いでいた。

写真にある‘シンナラレコード’は90年代、すごく人気だったレコードショップでかなりの収益を得ていたと思われる。

 

好き勝手にやっていたアガドンサンだが、1996年に、30名の信者が、キム・ギスンが二人の信者を殺害したと警察に通報して、アガドンサンという宗教が世間に知られるようになった。

 

ただ捕まったキム・ギスンは、裁判で殺人に関しては証拠が足りないと無罪が確定。

他の脱税・横領・暴行などで有罪判決があったものの、たったの懲役4年で監獄から出てきている。

今も韓国のどっかで、アガドンサンが存在しているとの噂が多い。

 

信者の女性500人と内縁関係を結んでいたヨンファ教事件

1950年代に、教授のソ・ベクイルが、数百人の女性信者に性的暴行を加え、お金をむしり取っていたと知られるヨンファ教

 

ソ・ベクイルと内縁関係にあった女性だけで、500人くらいはいたとされている。

 

ソ・ベクイルの犯罪行為が知られるようになって、女性信者たちが警察の調査を受けるも、口をそろえて

「性的暴力はなかった」

と主張した女性信者たち。

完全に洗脳されていたっぽい・・・

 

警察からも逃れたソ・ベクイルは、1966年3月、20代の男性にナイフで刺されて死んでしまう。

次のページに続きます。

前のページへ1/2次のページへ
友だち追加

カテゴリ

韓国社会

タグ

オススメ記事