友だち追加

人気ウェブ漫画「外見至上主義」が韓国で非難を集めている意外な理由とは

韓国で大人気を得て、最近、日本でも連載しているウェブ漫画の「外見至上主義」

この作品、実は韓国ではめちゃくちゃ叩かれています。

「外見至上主義」が韓国で非難されている理由について調べてみました。

 

◆ウェブ漫画「外見至上主義」とは

「外見至上主義」は2014年から韓国のポータルサイトNAVERで連載を始めたウェブ漫画です。

背も小さく、デブでぶさいくで、毎日いじめられていた高校生の主人公がある日、誰もが羨む美少年の姿に変身!

そこから起きる学校での様々な出来事を描いています。

ちょっと非現実的な高校生の物語ですが、韓国で大人気となり、NAVERでは今でも人気No.1の作品ですし。

その人気から日本語でも連載をスタート!

日本でも密かに人気が高まっている作品と言えます。

 

◆作家はオルチャン出身のイケメンで月100万円稼いでる

「外見至上主義」を描いたのはパク・テジュンさんという方です。

この方、なんとオルチャン出身で、高校生の時から大人気を得ていたイケメン。

ちなみにオルチャンというと日本では可愛い女の子というイメージがありますが、韓国ではネット出身の美男女のことを指します。

芸能人ではない一般人のオルチャンとしては、当時、一番有名だったんじゃないですかね。

 

A post shared by Pak Taejun (@paktaejun) on

でも元々の夢は芸能人ではなく漫画家になることらしく、アニメーション科のある大学に進学。

その後、学校は中退していますが、漫画家としては初めての連載である「外見至上主義」が大ヒットしたんです。

「外見至上主義」ほどの作品が初めての作品だなんてすごーい!

 

A post shared by Pak Taejun (@paktaejun) on

「外見至上主義」は今はNAVERで人気No.1にも選ばれる作品として作家のパク・テジュンさんは月100万円は稼いでいるということです。

ちなみにパク・テジュンさんは男性向けオンラインショッピングモールも経営していますので。

そこからの収入も合わせると、相当、稼いでいるんだと思います。

前のページへ1/2次のページへ
友だち追加

カテゴリ

韓国社会

タグ

オススメ記事