KBAN WRITER

防弾少年団V(テテ)のソロ曲、世界各国の反応は?

写真=公式MV

今月の13日と14日、世界的なボーイズグループとなったBTS(防弾少年団)がデビュー後初めて東京ドームで公演を行いました。

公演の中でメンバーであるV(テテ)のソロステージが日本のファンたちに人気となり話題を集めています。

コンサート終了後、SNSに日本のファンによって投稿された多数のコンサートの感想にはVのソロステージに対する熱気が生き生きと書かれていて、注目を集めました。

コンサートに行った日本のファンたちはSNSを通じて

「テテはまるで悲鳴を食べてますます美しさに磨きがかかる魔物のようだった」

「テテオリジナルの妖艶さにまわりはみんなため息をついていた」

など、Vのソロステージについての感動を伝え、その反応は韓国でも話題になりました。

Vが魅了したのは日本のファンだけではありません。

先に行われた海外の公演でもSingularityに関するコメントが寄せられています。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

V(テテ)に対する世界の反応を紹介

テキサス州のフォートワースでは

Singularityのステージは強烈だった」

 

カナダでは 

「彼の声があまりにも深くて泣いてしまった」

 

ニューアークでは

Singularityのステージで恥ずかしくなるほど取り乱してしまった」

 

ニューヨークのシティーフィールドでは

 「コンサート前の私とSingularityのステージを見ている時の私」

 など、各地のファンが思い思いに感想を書き込みました。

 

Vのソロ曲「Singularity」はVの特徴的なハスキーボイスが生かされたムーディーな楽曲となっています。

欧米のメディアでも多数取り上げられ、公開から長い間注目されてきました。

21日からは京セラドームでの公演があります。

そこでのVのステージにも注目が集まりそうですね。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

オススメ記事