KBAN WRITER

サバイバル番組UNDER NINETEENで注目が集まる5人

113日から放送が開始されたサバイバル番組“UNDER NINETEEN”

今回は注目されている加者をピックアップしました。

 

○UNDER NINETEENとは?

ラップカルパフォマンス、3つのポジションに分け、各パトの上位3人、計9人のアイドルグルプを誕生させるオディション番組です。

加者の件は番組名の通り19歳であること。

 

番組の司は女優のキムソヒョン。

加者を指導する、ボカルディレクタEXIDのソルジ、ミュジシャンのCrush

ラップディレクタDYNAMIC DUO

パフォマンスディレクタSuper Juniorのウニョク、振付師ファンサンフン。

名の知れたアティスト達が揃っています。

 

○注目の加者5人をピックアップして紹介

1話、第2話では加者11人がステジを披露して、ディレクタが点を付け、各ポジションでランキングが付けられます。

この最初の評で注目の加者5人をピックアップしました。

 

*ボーカルポジション/ジ・ジンソク(지진석)

写真=VLIVE

1998年生まれ

身長 172cm

体重 58kg

血液型 B

カルポジション1位の座を獲得。

ジンソクは完璧なステジを披露し、ボカルの底力を見せました。

リトルCrush”と呼ばれているジンソクの選曲はCrush“SOFA”でした。とろけるように甘い雰囲気で始まり、烈な印象をして終わったステジを見て、Crush本人から「素晴らしい!とてもびっくりして鳥肌がまで出た」と賞されました。

さらに、ジンソクのステジ映像は、様々SNSがり、naverTVVLIVE、各種SNSなどで、100万人以上の視を突破しています。

 

*ボーカルポジション/シン・イェチャン(신예찬)

2001年生まれ

身長 183cm

体重 64kg

血液型 A

カルポジション2位を獲得。

ほのぼのした容姿で、心を集めたフンナム(훈남)のシンイェチャンは、故ジョンヒョンの一日の終わりを(End of a day)”で を披露しました。特な感性を持ったイェチャンの歌に、加者のキムシヒョンはを流すほどでした。もちろん、ディレクタからも拍手と賞を受けました。

 

*ボーカルポジション / チョン・ジンソン(정진성)

2002年生まれ

身長 175cm

体重 59kg

血液型 B

カルポジションで3位となったチョンジンソン。

ステジに上がる前から自信と愛嬌がたっぷり。

とても派手な衣装を着て登場し、ディレクタを驚かせました。派手な衣装にした理由を聞かれ、「舞台がセクシだから」と、やはり自信たっぷりな姿をみせました。

ステジでは、G-Dragon無題を披露。Crushは「最後の音をうまく理できると呼吸が違う」とアドバイス。ソルジは「もう少しバランスが合うといいと思う」と付け加えました。さらに、防少年「血・涙」のパフォマンスも披露しました。

ウニョクは 「ジンソンが考えていたセクシさを感じられた。ダンスがうまいことは認める。」と話しました。チェジャは「歌う時も、踊る時も根のない自信を持っていると思う。その感じが良かった」とコメントしました。

 

*ラップポジション/チェ・スミン(최수민)

2000年生まれ

身長 179cm

体重 64kg

血液型 A

ラップポジションでは1位となり注目を浴びました。

ラップチムで、最後に評を受けたのがチェスミンでした。

チェジャは、スミンが登場した時から「期待してもいい加者だ」とコメント。

スミンは自作のラップを披露し、ラップの力を披露しました。ゲコは「この量のラップを2週間で構成して作ったのが凄い」と絶しました。

 

*パフォーマンスポジション/ スロン(수런)

2004年生まれ

身長 163cm

体重 50kg

血液型 AB

パフォマンスポジションでは2位になったスロン。

香港ではダンスの天才と呼ばれ、すでに名の知れた力者です。

スロンは13とは思えないパフォマンスを披露し、同じパフォマンスチムの加者たちには脅威的な存在として注目されました。

スミンはダンスの天才と呼ばれているだけあり、パフォマンスディレクタのファンサンフンとウニョクを驚かせるほどのプロの力を見せました。

 

3話では、ついに各ポジションのテマ曲でのステジを準備するパト分けや、過程が放送されます。

UNDER NINETEEN週土曜日にMBCで放送中です。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

UNDERNINTEEN

オススメ記事