KBAN WRITER

BTSいつから好き?アンケートの意外な結果と韓国の反応

写真=公式ツイッター

韓国のあるファンが「BTSのオタクになった時期」を調査し、その結果が話題になっています。

確かに、他の人がどの時期にBTSに注目したのか、またどの時期にファンが増えたのかは気になりますよね。

この調査は、のべ1056人が回答する大掛かりなものとなりました。

また、BTSの活動を活動期と空白期に分けて調査したため、どの時期からファンになったのかが具体的に見えるようになっています。

活動期と空白期の基準

活動期:韓国の音楽番組で初めてそのアルバムの曲が放送された日から最後に放送された日(カムバックステージからグッバイステージまでの間)。

休止期間:活動期が終わってから次の活動期が始まるまでの期間。授賞式や音楽番組以外の放送などを含む。

では、気になる結果を見ていきましょう。

イベント順:

イベント 人数
デビュー前 6
No More Dream 4
No More Dream, We Are Bulletproof 後の休止期間 0
N.O, 進撃の防弾 活動期 3
N.O, 進撃の防弾 後の休止期間 3
BOY IN LUV 活動期 18
BOY IN LUV 後の休止期間 1
ホルモン戦争) 後の休止期間(2014年MAMAを含む) 14
I NEED U 活動期 39
I NEED U 後の休止期間 7
DOPE 活動期 8
DOPE 後の休止期間 38
RUN 活動期 20
RUN 後の休止期間(2015年SBS歌謡大祭典を含む) 39
FIRE, SAVE ME 活動期 15
FIRE, SAVE ME 後の休止期間(2016年FESTAやK-CONを含む) 46
血、汗、涙 活動期 43
血、汗、涙 後の休止期間(2016年MAMAやAAA、SBS歌謡大祭典を含む) 46
Spring Day, NOT TODAY 活動期 22
Spring Day, NOT TODAY 後の休止期間(2017年BBMAやFESTAを含む) 135
DNA 活動期 82
DNA 後の休止期間(2017年AMAsやMMA、MAMAを含む) 313
FAKE LOVE 活動期 36
FAKE LOVE 後の休止期間 20
IDOL 活動期 9
IDOL 後から現在まで(2018年MAMAやMMA、UNGAを含む) 63

多い順:

イベント 人数
DNA 後の休止期間(2017年AMAsやMMA、MAMAを含む) 313
Spring Day, NOT TODAY 後の休止期間(2017年BBMAやFESTAを含む) 135
DNA 活動期 82
IDOL 後から現在まで(2018年MAMAやMMA、UNGAを含む) 63
FIRE, SAVE ME 後の休止期間(2016年FESTAやK-CONを含む) 46
血、汗、涙 後の休止期間(2016年MAMAやAAA、SBS歌謡大祭典を含む) 46
血、汗、涙 活動期 43
I NEED U 活動期 39
RUN 後の休止期間(2015年SBS歌謡大祭典を含む) 39
DOPE 後の休止期間 38
FAKE LOVE 活動期 36
Spring Day, NOT TODAY 活動期 22
RUN 活動期 20
FAKE LOVE 後の休止期間 20
BOY IN LUV 活動期 18
FIRE, SAVE ME 活動期 15
ホルモン戦争) 後の休止期間(2014年MAMAを含む) 14
IDOL 活動期 9
DOPE 活動期 8
I NEED U 後の休止期間 7
デビュー前 6
No More Dream 4
N.O, 進撃の防弾 活動期 3
N.O, 進撃の防弾 後の休止期間 3
BOY IN LUV 後の休止期間 1
No More Dream, We Are Bulletproof 後の休止期間 0


韓国の反応を見てみましょう

ーー

・血、汗、涙活動期の同期が思ったより少ないな!!!

・空白期にオタクになった人本当に多い!

・ビルボードで披露したFAKE LOVEも韓国放送前だから2017年AMAに入ってるのか(笑)とにかく、AMAsからMAMAまで2017年すごい

・デビュー前からの6人に感謝するほんと

・私もAMAsのおかげで好きになったけど、この頃が一番人気あるんだね

ーー

こうして見てみると、どこでファンを多く獲得してきたのかがわかって面白いですね。

意外だったのは活動期よりも空白期にファンを多く獲得していることでした。

空白期にファンを獲得すれば次の活動期がさらに盛り上がりますよね。

これがBTSの強みなのかもしれませんね!

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

BTS

オススメ記事