KBAN WRITER

テコンドー韓国代表予備軍だったのにアイドルを目指してるPRODUCE(プロデュース)X101のキム・ヨハン

韓国の国技でもあるテコンドーの韓国代表予備軍にもなったことがあるのに、アイドルを夢見るキム・ヨハン練習生。

まだ実力がないと指摘されるにもかかわらず『PRODUCE(プロデュース)X101』でデビュー可能性が高いと言われています。

キム・ヨハン練習生の詳しいプロフィールとテコンドーでの実績、アイドルになってからの評価などをまとめてみました。

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

PRODUCE(プロデュース)X101キム・ヨハンのプロフィール


・お名前(韓国語):김요한

・生年月日:1999年9月22日

・出身:韓国 ソウル

・身長:181センチ

・体重:66キロ

・血液型:B型

・趣味:兄弟と遊ぶこと

・特技:テコンドー

・練習生期間:3カ月

・所属事務所:OUIエンターテインメント

『PRODUCE(プロデュース)X101』に出演して、ずっと高い順位を維持している練習生のキム・ヨハン。

初めての順位発表式で1位にランクインして、デビューも間違いないという声も多いです。

キム・ヨハンが注目された理由と言えばやっぱりそのヴィジュアル!

身長181センチとものすごく背が高いし、顔が小さくてスタイルは抜群。

奥二重のかわいらしい目にしっかりと存在感のある鼻はまさにK-POPアイドルっぽいという評価を受けています。

テコンドー韓国代表の予備軍だったキム・ヨハン

 

キム・ヨハンが注目されたもう一つの理由は、彼がアイドルを目指す前にテコンドーをずっとやっていたということ。

しかも趣味レベルでやったというわけじゃなくて、韓国代表の予備軍に選ばれていたほどなんです。

テコンドー道場を運営しているお父さんの影響で、子供の頃からテコンドーを始めたキム・ヨハン。

かなり才能があったということで、全国少年体育大会(※15歳以下が出場する全国スポーツ大会)で2度も優勝した経験を持っています。

そのため高校も体育高校の名門であるソウル体育高校を通いましたし、今は休学している大学もテコンドーの才能が認められ、奨学金をもらって入学したと知られています。

そこまですごい才能を持っていたのに、キム・ヨハンがなぜアイドルを目指すことになったのか。

番組で本人は”ずっとアイドルをやりたかったのに言えなくて、成人してから自分で判断できるようになった”ということで、今はお父さんお母さんもアイドルの道を応援していると語っていました。

一部のファンの間では怪我のためテコンドーを続けられなくなったという話もありますが、本人が話したわけではないので、事実かどうかははっきりしていない部分です。

キム・ヨハンの実力への心配について

 

大学に入るまでずっとテコンドーをやっていたキム・ヨハンは、芸能事務所に入ってからすぐに『PRODUCE(プロデュース)X101』に出演しました。

『PRODUCE(プロデュース)X101』の事前打ち合わせの時に、「OUIエンターテインメントの1週間目の練習生」と自分を紹介したくらいですからね。

公式プロフィールに練習生期間は3カ月となっていますけど、これも収録期間をすべて合わせたもので、収録前に練習をしたとは言えない状態です。

そこで指摘されているのがキム・ヨハンの実力。

みなさんご存じの通り、韓国はアイドルの実力が非常に重視される傾向があります。

キム・ヨハンは歌・ダンス・ラップのレッスンをほとんど受けずにサバイバル番組に出演したので、他の練習生に比べて実力が足りないのは当たり前ですよね。

ただキム・ヨハンは人気が高くデビューの可能性があるので、”このままのデビューして良いのか”という指摘もあります。

『PRODUCE(プロデュース)X101』で成長する姿を見せてくれてはいますが、今後、もっと実力を伸ばしていく必要はあるでしょうね。

キム・ヨハンの今後について

 

『PRODUCE(プロデュース)X101』の初めての順位発表式で1位に輝いたキム・ヨハン。

実力に関する心配はあるものの、人気に関してはトップレベルであることは間違いない練習生です。

今のままであればデビューも難しくないと思いますが、最後の最後まで何が起きるか分からないのがまたプロデュースシリーズの特徴!

キム・ヨハンがこのまま順位をキープして、デビューすることが出来るのか、注目が集まっています。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

オススメ記事