KBAN WRITER

神のクイズリブート1話のあらすじ・ネタバレの感想

韓国OCNテレビの大人気ドラマ「神のクイズ」が4年ぶりに戻って来ました!

今回、主人公ハン・ジヌのライバルになるのは、なんと人工知能死因解析システムのコダス!

しかし、どうやらこの対決は1話のうちに決着がついてしまいそうです。

いかにも「神のクイズ」らしい事件から始まる、シーズン5・リブート。

天才医師ハン・ジヌと法医官事務所解剖チームたちの活躍がまた始まります!

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【序盤】

都心の交差点。

信号待ちの車に乗っていた女性から突然火がのぼり、焼死してしまうという事件が発生しました。

法医官事務所。

新たに設置されたコダス(CODAS)チームについて説明をしているクヮクチーム長。

コダスとは人工知能死因解析システムのことで、クヮクチーム長はこのシステムを使い、すでにいくつかの事件を解析していました。

その中には解剖チームのチョ・ヨンシル室長が担当していた事件も含まれていたのです。

許可も得ないで解析をしたことについてクヮクチーム長に詰め寄るチョ室長。

しかしクヮクチーム長は「極秘だったから仕方がない」と謝罪をしないばかりか、分析データの提出を求めたカン・ギョンヒ刑事に対しても、保管用だから提出できないと言い放ってしまいます。

当然、クヮクチーム長とチョ室長、そしてカン刑事はギクシャクした雰囲気に・・・。

さて、このドラマの主人公ハン・ジヌは今どこにいるのかというと・・・彼は人里離れた山奥で1人、まるで隠居のような生活を送っていました。

どうやら自然人になりたくて、こんなところで生活しているようです。

とはいえ、携帯電話はしっかりと持って来ているジヌ。

恋人であるカン刑事からの電話で、今回の発火事件についての概要を知らされます。

チョ室長が解剖したところ、被害者は全身が激しく焼けただれており、体の内側、つまり肝臓から発火したという結果がでたのです。

するとコダスチームのクヮクチーム長がやってきて、解剖結果が記された書類を渡せといいます。

もちろん最初は断りますが、上からの指示で仕方なく書類を渡すチョ室長。

クヮクチーム長は書類をもとにコダスで分析を始めました。

一方、カン刑事より事件のいきさつを聞いていたジヌは、どうも気になってしょうがないらしく、豚の脂肪を使って発火実験をやってたりしています(笑)

そして電波の良い屋根の上に上って携帯を取り出し、チョ室長の公式発表記者会見を見始めたのです。

記者会見で人体自然発火の可能性について否定するチョ室長でしたが、途中から会見を交代したクヮクチーム長は、それまでのチョ室長とは反対の見解を話し出しました。

コダス分析の結果、クヮクチーム長は今回の事件は人体から自然に発火したものであり、その原因をなんと細胞の核爆発であると発表してしまったのです。

その夜、ジヌのもとにカン刑事が訪ねてきました。

草むらから突然現れたので、幽霊かと思いめちゃくちゃビビるジヌ。

ジヌはカン刑事から、コダスチームのせいでチョ室長の立場が危うくなっていることを聞きます。

ジヌ 「核爆発なんて100%違うよ~」

カン刑事 「だったら事務所に助けに来てくれない?」

ジヌ 「本当は1番帰りたいのは僕なんだ・・・でもまたどんな迷惑をかけてしまうかと思うと(前シーズンで起こった事件のせいで)帰れないんだ。」

カン刑事 「そんな考えはしないで・・・落ち着いたら戻ってきてね。」

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【中盤】

また人体発火事件が発生しました。

若い女性のようですが、上半身は完全に焼けてしまい2本の足しか残っていません。

そしてついにジヌが法医官事務所に戻って来ました!

しばらくぶりに訪れた事務所はすっかり変わっていて、解剖チームがあった場所はコダスチームに変わっています。

そこで偶然、自分のファンだというコダスチームのスンビンと出逢ったジヌ。

思いがけずコダスシステムを見学することができました。

ジヌ 「何だこれ?!すんげー高級なネットカフェみたいだな!」

ところがすぐにクヮクチーム長に見つかってしまい、今後はコダスチームに立ち入り禁止を言い渡されてしまいます。しかしそこは、素直に出て行くジヌではありません。

ジヌ 「あ、核爆発だって?!あれってギャグなの?最近聞いた中で1番面白かったわ~。」

クヮクチーム長 「どういうことだ?」

ジヌ 「教えてあげな~い!」

コダスチームを後にしたジヌは、解剖チームを訪れ久しぶりにチョ室長と再会します。

チームには新たに2名のチーム員が加わっていましたが、その中でムン研究員だけがなぜかジヌをあまり歓迎していないように見えます。

そこに法医官事務所の警備がやってきて、外部者であるジヌに出て行くよう命じます。

クヮクチーム長の差し金に違いありません。

事務所を後にしたジヌは、次にカン刑事が所属する特殊捜査2部に案内され、そこでナム刑事とイム刑事を紹介されます。

気が弱いばかりか声も小さく、とても頼りなさそうに見えるナム刑事は、さっそくジヌに「声が小さい!!」とイジられまくりです。

ジヌとカン刑事は最初の被害者の家を訪れ、手がかりがないか捜索していました。

コダスによると慢性腎不全を病んでいたという被害者。

しかしジヌは部屋にあった薬や冷蔵庫内の食べ物から、被害者は腎臓移植手術をしたという結論を出します。

コダスでは最新の医療記録が抜けていたため、ここまで見破ることは出来なかったのです。

これらの証拠からジヌは超難解の化学方程式を組み立て、ついに人体自然発火の謎を解くことに成功しました。

ジヌはセンター長やクヮクチーム長の前で真相を話し、コダスの分析が間違いであったことを証明したのです。

そしてタイミングを見計らい、チョ室長がセンター長にこう切り出しました。

チョ室長 「ところで・・・ハン・ジヌ先生をどうしましょう・・・?」

センター長 「3ヶ月・・・3ヶ月の間なんの問題もなければ正式採用しようじゃないか。」

ジヌ 「ありがとうございま~す!」

こうしてジヌはまた解剖チームに復帰することになったのです。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【終盤】

また人体から発火する事件が起こりました。

今度は30代の男性です。

「やっぱりエタノールが原因だな。」とつぶやくジヌ。

被害者の体には腎臓手術の痕も見られます。

続いて、最初の被害者と今回の被害者が同じ病院で肝臓移植手術を受けていたという共通点も発見されました。

そしてある研究所から、発火の原因となる物質が盗まれていたという事実もわかったのです。

この研究所では盗難後、学生の研究員が1人辞めていました。

場面は変わって、その学生のアパート。

部屋の隅には、学生が拉致したと思われる幼い少女が縛られています。

この監禁されている少女、実は先ほどジヌたちが訪れた研究所の事務課長の娘だったのです。

犯人の学生は事務課長に電話をし、こう言って脅迫します。

「ヤツに連絡しないと、娘は死ぬぞ!」

同じ頃、ジヌたちは人体発火被害者たちと通話記録のあった携帯電話の位置を追跡していましたが、その途中に追跡信号が途切れてしまいます。

と、その時!あたりを見回すジヌとカン刑事の前に、ビルの上から火だるまの人間が落ちて来たのです!

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【神のクイズ リブート 1話の感想】

内容的にはかなり難しい「神のクイズ」シリーズ。

なのに何故これほどまでに人気があるのか・・・その理由は主人公ハン・ジヌのキャラクターにあると思います。

並外れた天才にもかかわらず、気取るとことが無く、ウィットに富んだ話術を持つジヌ。

そして何と言っても、あの人懐っこい笑顔がたまらない!

今シーズンも、登場するや否やほんの数秒でリュ・ドックヮンさんが演じるジヌのキャラクター魅了されてしましました。

そしてもう1人気になる新キャラクターが!

それは特殊捜査2課のナム刑事です!

刑事なのに頼りない、声は小さい、顔はオモロイ・・・(笑)

今後、登場しただけで笑いが込み上げてきそうな強烈なキャラクターになること間違いナシです!

とにかく、神のクイズがまた見れるなんて感激です!

今シーズンはどんな難解な事件が待っているのでしょうか?

そしてジヌの頭脳はどのようにして事件を解決していくのでしょうか?

「神のクイズ リブート」いよいよ始まりです!

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

神のクイズリブートあらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事