韓国ドラマ【ライフオンマーズ】1話のあらすじネタバレの感想

イギリスの名作ドラマ「時空刑事1973ライフ・オン・マーズ」をリメイクした本作品は、現代から1988年にタイムスリップしてしまった科学捜査隊の刑事・テジュが、過去で2018年と酷似する事件に遭遇するというお話です。

 

果たして現代と過去の事件は、どんなふうに繋がっているのでしょうか?そして、テジュは現代に帰ることが出来るのでしょうか?

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【序盤】

 

線路の上を走っている少年の後ろ姿・・・遠い昔、子供の頃の思い出だろうか・・・。

 

電話が鳴り、夢から覚めたハン・テジュ。

電話は母親からで、仕事が忙しければ父の法事には来なくてもいいという内容でした。

 

広域捜査隊のエースだったテジュでしたが、内部告発をしたことによって、現在は科学捜査隊に移動になり、現場からは離れていました。

 

そんなテジュのもとを、元婚約者で検事のソヒョンが1年ぶりに訪ねて来ました。

ぶっきらぼうな態度を取るテジュですが、ソヒョンは「どこか雰囲気が良いお店で食事しない?」と勝手に車に乗り込みます。

 

ソヒョンが案内して到着したのは、なんと殺人事件の現場。

テジュは一言、「レストラン、雰囲気いいじゃないか。」

 

その事件は「マニュキュア殺人事件」と呼ばれていて、若い女性を殺害後、爪に赤いマニュキュアを塗るという連続猟奇殺人事件でした。ここはマニュキュア殺人事件、7人目の被害者イ・スンヒの家だったのです。

 

ソヒョンはテジュをここに連れてきた理由について話します。

「容疑者は半月前に逮捕され、心証は確かなの。でも物証がない。現場からは指紋もDNAも出なかった。あいつは自分で指を噛んで、指紋まで消してしまったのよ。」

 

そしてこう付け加えました。

「だからあなたの能力が必要だったの。この事件を解決すれば、現場に復帰できるはずよ。」

 

事件の捜査に協力することにしたテジュは、科学捜査を始めます。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【中盤】

 

裁判当日、法廷。

マニュキュア殺人事件の犯人キム・ミンソクは、被告席でニヤニヤ気味の悪い笑みを浮かべていました。

 

捜査によって決定的な証拠をつかんだはずのテジュでしたが、同時にカモフラージュと思われる証拠も見つかっていたのです。

テジュはそのことを法廷で正直に証言してしまい、結局ミンソクは無罪となってしまいました。

 

ニセの証拠について証言したことについて、ソヒョンはテジュに対し怒りをあらわにします。

 

そこへミンソクが通りかかり、ソヒョンにニヤニヤ笑いながらこう言います。

「検事さん、笑うと可愛いよ。赤いマニュキュアが似合いそうだ。」

 

そしてテジュに対しても「どこかで会ったことがある気がするんだけど」と言い、意味深な笑みを浮かべるのでした。

 

ミンソクが釈放されて何日か経ったある日、テジュのもとにとんでもない連絡が入ります。

ソヒョンがミンソクに拉致されてしまったと言うのです!

 

ソヒョンの捜索に加わるため、インソン市へ向かうテジュ。

とある古めかしい住宅街で、気になる住宅を発見します。

 

その住宅には、門に十字架がかかっていました。

中に入ってみようと門に手をかけたテジュですが、その時「キム・ミンソクがいたぞ!」という捜索隊の声がし、テジュもそちらの方へ向かいます。

 

ミンソクを発見し、追いかけるテジュ。

狭い路地で、とうとうミンソクを捉えました!

 

テジュはミンソクに馬乗りになり、襟首をつかむと「ソヒョンはどこにいるんだ!」と問いただします。

それに対し、ミンソクはこんな奇妙なことを言うのです。

 

「思い出したよ、お前のその怯えた表情・・・ハン・テジュ、お前が誰だか思い出したよ。

わからないのか?よく見ろよ・・・俺が誰なのか。クックックッ・・・よく覚えとけよ。」

 

するとその時、テジュは何者かに後ろから銃口を突き付けられます。

もう1人、共犯がいたのです。

 

その間に「また会おう」と言い残し、逃げて行くミンソク。

そしてテジュは・・・頭に銃弾を受けて倒れてしまいます。

 

なんとか立ち上がったテジュでしたが、しかしその直後、今度は車に轢かれてしまいます。

 

大量の血を流し、暗い道路の上で倒れるテジュ・・・。

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【終盤】

 

テジュはまた夢を見ていました。

線路の上を歩いている子供・・・そして突然、赤いマニュキュアの手がフラッシュバックします。

 

テジュが目を覚ますと、そこは1988年のインソン市でした。

30年前にタイムスリップしてしまったのです。

 

街並みも、人々の服装も、走っている車も全部レトロ感たっぷりで、テジュは到底この状況を理解することができません。気付けば、撃たれた傷も、轢かれた時に流れた血も無くなっていて、体に何の異常も無いのです。

 

「これは一体どうなっているんだ?俺は確かにキム・ミンソクを追っていたのに・・・夢でも見ているのか?」

そう心の中でつぶやきながら、テジュはフラフラと街をさまよっている途中、通りの向こうにミンソクらしい男の姿を見たのでした!

 

男を追いかけ、捕まえたテジュでしたが、その男はミンソクではありませんでした。

そして挙動不審だとして、逮捕されてしまいます。

 

インソン市西部警察 警察署内。

 

取り調べを受けていたテジュ。そこへ強力班のカン・ドンチョル係長が入って来ました。

 

違う事件の犯人と誤解したカン係長は、いきなりテジュに蹴りを入れます!

応戦するテジュ。

 

署内はもう、てんやわんやです()

 

テジュはさらに追い打ちをかけるように、自分はソウル地方警察庁・科学捜査隊に所属していると言ってしまいます。

この時代は“警察庁”ではなく“ソウル特別市警察局”だったため、嘘をついていると思われ、またしても殴る蹴るの大騒ぎです()

 

その時、偶然テジュのポケットから1枚の紙が落ちました。

ナムシク刑事が拾い上げると、それはテジュをインソン市西部警察・強力班所属に任命するという書類だったのです。

 

そこへ強力班の紅一点、ユン・ナヨン巡査が入って来ます。

強力班のメンバーはナヨン巡査のことを「ミスユン」と呼び、コーヒーや洗濯などの雑用を頼みます。

 

突然耳鳴りがして、おかしな声が聞こえるテジュ。

“血圧が下がっています!出血がひどい!聞こえますか、ハン・テジュさん!”

 

意識がもうろうとして、フラフラと歩き始めたテジュは、道路に飛び出し、車に轢かれそうになったところをユン巡査に助けられます。よく見ると、テジュの耳から血が流れていました。

 

不思議なことに、この1988年の世界には、テジュの家が警察の社宅として用意されていました。

テレビには1988年の人気ドラマ「捜査班長」が映し出されています。

 

突然、テレビの中のチェ・ブラム(韓国の有名な俳優)がテジュに話しかけてきました。

あり得ない出来事に、テジュは「これは夢だ、夢に違いない」と自分に言い聞かせ、そのまま眠りに落ちてしまうのでした。

 

翌日、朝からけたたましくドアを叩く音で目が覚めたテジュ。

訪ねてきたのはカン係長でした。

 

カン係長に連れられて、やってきたのは殺人現場。

マスコミや、やじ馬がたくさん集まっています。

 

狭い路地には、若い女性の遺体が横たわっていました。

なんとその爪には、赤いマニュキュアが塗られていたのでした!

 

→【体験談】韓国人彼氏と付き合うってどんな感じなの?

【ライフ・オン・マーズ 1話の感想】

1988年にタイムスリップしてしまったテジュですが、現代のテジュは一体どうなってしまったのでしょうか?

猟奇殺人というシリアスなテーマだけでなく、88年度のインソン市西部警察署の仲間たちと繰り広げる、ドタバタでハチャメチャな掛け合いがとても面白く、思わず笑ってしまいます。

 

愉快でスリリングな「ライフ・オン・マーズ」、これから起こる事件の成り行きが、とっても気になるドラマです!

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

ライフオンマーズあらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事