魔性の喜び10話のあらすじ・ネタバレの感想

この記事の著者

韓国の大学で日本語学科を卒業し、「大韓翻訳院」の翻訳家育成教育を修了。 日本語能力検定960点。 現在韓国在住で、韓国語教師の仕事にも従事している。

マソンと付き合っていることを家族に話したキップム。

 

2人の絆が強くなる一方で、忍び寄る影…

 

コモや事務所代表キムがいよいよ動き出します。

 

そんな時、マソンは3年前の事故当時と同じ条件が重なり、ついに直前までの記憶を思い出します。

 

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

序盤

 

 

マソンとキップムはキップムの家にやって来ます。

 

キップムは家族の前でマソンと付き合っていることを公開告白します。

 

マソンにお酒を勧めるキップムの父。

 

それを断れないマソンはお酒を飲んですぐに寝てしまいます。

 

そんなマソンを介護するキップムは、マソンの寝顔を見ながら何があっても見捨てないと心に決めるのでした。

 

マソンの秘書とキジュンはマソンと連絡できないことに不安と苛立ちを覚えます。

 

マソンはキップムのベットで目覚めます。

 

普段と変わらない様子のキップムの家族。

 

一緒に朝食を食べ、キップムはマソンを自宅まで送り届けました。

 

キップムは友人の家でマソンの服を作るためにデザインをしていました。

 

しかし、時々、事務所代表キムに罵られた言葉が頭から離れません。

 

マソンは主治医のところにやって来て、自分の病状について話をします。

 

しかし、心では主治医のことを疑っているので、マソンは話の内容から主治医が敵か味方を見極めているのでした。

 

コモはマソンが記憶を完全に失うのを待っています。

 

と同時にキップムの存在について調査します。

 

マソンの秘書はコモに呼び出され、脅されます。

 

コモは秘書にマソンのことを聞き出そうとします。

 

圧力をかけられる秘書。

 

しかし、彼はマソンのこと裏切ることはできません。

 

コモの圧力に負けずに秘書はマソンとの友情を選ぶのでした。

 

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

中盤

 

 

ハインはいつも自分は心の何かが不足していると感じています。

 

周囲との人間関係がギクシャクしています。

 

キップムは友人の事務所でマソンの服を製作中です。

 

キップムのところにやって来た友人に泣きながらマソンのことを話すキップム。

 

友人はキップムに良い言葉をかけてくれます。

 

マソンの記憶障害のこともロマンチックだといってくれました。

 

 

マソンは、事務所代表キムについての記憶を思い出そうとします。

 

キップムは友人とまたお酒を飲みながら、語り合い、酔っ払ってしまいます。

 

酒に酔ってるキップムは、そのままマソンの家に友人と来て、マソンに手作りの服をプレゼントします。

 

そのプレゼントには、ゾウのデザインのTシャツやぬいぐるみ、手紙が入っていました。

 

このゾウ(象)には意味がありました。

 

一方、ハインのイライラは止まりません。

 

急遽、撮影に来なくなった俳優の代わりに、撮影場所に呼び出されることになったキジュン。

 

ハインとキジュンは、撮影シーンでキスシーンがありました。

 

ハインはキジュンとキスします。

 

コモはキップムの情報片っ端から集めます。

 

マソンとキップムは電話でデートの約束をします。

 

マソンが幸せは気分に浸っていると、コモから呼び出しがかかり、キジュンも一緒に食事会が開かれました。

 

そこで、コモはマソンにお見合いをするように進めます。

 

しかも、キップムとデートの約束をした日に…。

 

友人はキップムにハリウッドの舞台のオーディションを受けるように勧めます。

 

しかし、オーディションの日はマソンとデートの約束した日でした…

 

キップムはマソンに言うか迷い、マソンもキップムになんと言おうか迷っていました。

 

幸いにも、お互い日程が合わなくなったので良かったですが、お互い本当の理由はさけて断りの電話をしました。

 

キップムはオーディションにやってきますが、インチキ臭い監督の指導を受け続けます。

 

しかも、なぜかゴルフ場で。

 

マソンもゴルフ場でコモの紹介したお見合い相手と会っていましたが、ちゃんと、断りました。

 

またも同じゴルフ場であったマソンとキップム。

 

実は、キップムのオーディションはでっち上げでした。

 

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

終盤

 

 

いよいよ、コモ本人が動き始めます。

 

コモはまず、キップムの妹に会いにいき、化粧品を。

 

次に弟のバイト先のチキン屋にやって来て、大量に注文。

 

最後に、父のいる実家にやってきて、大金を。

 

人間の弱みや欲望を操り、お金で解決しようとするコモ。

 

コモは父と対決します。

 

キップムの家に圧力をかけるコモ。

 

キップムも家族におこる不可解な出来事に戸惑います。

 

その頃、マソンは病院に出勤する途中に、秘書からコモがキップムの家族に圧力をかけていることを聞かされます。

 

そして、ひとり、キップムの家に向かう途中の横断歩道で3年前に似た状況の中、太陽の光や横断歩道、車の音など条件が重なり、3年前の事故のすぐ直前の記憶が蘇りました。

 

キム ボムスについて…あいつだ…

 

 

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

感想コメント

 

マソンとキップムはお互いに認め合い愛し合い理解し合いながら、絆を深めていきます。

 

そうした状況の中、コモはマソンの周囲にいるキップムが目障りでなりません。

 

様々な思惑や欲望が見え隠れしながら、それでも立ち向かうキップムやマソン。

 

印象的だったのは、コモとキップムの父が対決する場面でした。

 

愛とはなにか、家族とはなにか…何が幸せなのか…

 

普遍的なのに答えがないテーマの中、今後どのようにストーリーが展開されるのか楽しみです。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

韓国ドラマ 魔性の喜びあらすじ全話一覧

オススメ記事