魔性の喜び15話のあらすじ・ネタバレの感想

短期記憶障害の病状が進行してしまったマソン。

 

切羽詰まる中、マソンはひとり周囲との離別を準備し始めます。

 

そんな時、幼い時に溺れたキップムを助けたのは顔も思い出せない少年たっだとか…

 

写真があるという父に見せてもらった写真に写っていたのはなんと!

 

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

序盤

 

記憶を失って倒れるマソン。

 

病院で眠るマソンを待つキップムと秘書。

 

深く眠るマソンの横でコモと医者は、マソンの記憶がなくなればいいと話していました。

 

でも、主治医は少し違和感を覚えます。

 

秘書は、隠し持っていたICレコーダーをキップムに渡して聞いてみるように諭します。

 

キップムは、1人、ICレコーダーを聞きました。

 

マソンの真実を知るキップム…

 

マソンはキップムに電話をしますが、キップムはその電話を無視します。

 

なせなら、マソンが1人で苦しんでいる時に、自分はオーディションや能天気に振舞っていたことに後悔と悔しさがこみ上げて来たからでした。

 

キップムは容態が良くなったマソンに何で今まで自分に言わなかったのかを尋ねました。

 

マソンにとって自分はなんなんだと…

 

マソンはただ、ごめんと謝ることしかできませんでした。

 

キップムに何を言われてもマソン自身はもうあまり時間がないことを自覚して、マソンは心の中で、周囲への別れ、整理をしようと思っていました。

 

マソンはキジュンにUSBを渡します。

 

そこにはヒーリングマウルの事業の詳細データが入っていました。

 

キップムはマソンを自分の一生をかけて守りたいと友人に話します。

 

キップムとマソンは、公園でアイスを一緒に食べながら普通のデートを楽しみます。

 

そして、キップムの家にやってきるマソン。

 

誰もいないと思っていたのに、家族が帰ってきました。

 

2人は慌ててキップムの秘密の部屋に入ります。

 

弟はマソンの靴を発見して、気をきかせて家族と連れて家を出て行きます。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

中盤

ハインはキジュンの母(コモ)に呼ばれて会いに行きます。

 

ハインはキジュンの母(コモ)に十分張り合えました。

 

キップムは、夢で幼いころの溺れた時の夢を見ます。

 

翌朝、その時のことを父親に尋ねます。

 

実は、その時に助けてくれたのは、同い年くらいの子供だったとキップムは記憶しています。

 

父は家のどこかに写真があると言いました。

 

マソンはキップムとカフェで会います。

 

マソンはキップムにオーディションの機会を与えました。

 

しかし、キップムはマソンと1日も離れたくないのと理由はわからないけど、不安な気持ちが押し寄せて来ました。

 

秘書はマソンの家で、ある飛行機チケットと日記を発見し、マソンが1人で旅行にいき、そのまま帰ってこないことを知ります。

 

マソンの家にやって来たキップムをマソンはひとり心の整理をして、キップムを送り届けました。

 

「愛しています」とマソンはキップムに泣きながら話します。

 

マソンは自分に時間がないことを自覚しながらキップムと別れた後1人で泣きます。

 

マソンはキジュンに、ヒーリングマウルのことを頼み、そして、旅行に出ると伝えて、キジュンにも別れのハグをします。

 

マソンはコモにも挨拶に来ます。

 

マソンは空港へ1人やって来ますが、そこに秘書の姿が…!

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

終盤

 

空港までキップムを迎えにくる事務所の代表、友達、マネジャー。

 

しかし、そこに、マソンの姿はありませんでした。

 

キジュンはコモからマソンは帰らないと聞かされます。

 

キジュンはキップムにマソンと連絡できないと話にやってきます。

 

キップムはマソンを信じます。必ず連絡が来ると…

 

キジュンはハインと食事をしててもマソンの考えでいっぱいです

 

その頃、マソンは中国・ハイナンでキップムとの思い出を噛みしめていました。

 

マソンはキップムと訪れたところを、同じ場所を歩き回ります。

 

キップムの父はキップムに朝ごはん食べていけと言います。

 

そして、父の前で泣くキップム。

 

その時、キップムの家にキジュンがやってきました。

 

マソンの話を一通り話した後、父は見つけた写真をキップムをキジュンに見せます。

 

その写真に写っているのは、なんとマソンとキジュンだったのです!

 

水辺で花を取ろうとして溺れた幼いキップムを助けたのはマソンだったのです。

 

その写真と記憶に思いを馳せながらキップムはマソンのことを想い、信じ続けます。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

感想コメント

ここへきてマソンとキップムが幼かった時から接点があったことが明らかなります。

 

そのあたりのストーリーからロンマチックに描かれているあたりが印象的でした。

 

また、この回の見所は、中盤から終盤にかけてマソンの苦しみや奇跡を信じたい周囲の葛藤など、主人公の心情の変化も印象的でした。

 

そろそろ物語の終盤へ。

 

マソンとキップムの愛の行方はそうなるのでしょうか…

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

韓国ドラマ 魔性の喜びあらすじ全話一覧

オススメ記事