魔性の喜び6話のあらすじ・ネタバレの感想

大勢の前で見世物になったが、それでも立ち向かうキップム。

 

そんなキップムを見守ったマソンのとった行動は!

 

また、キップムやマソンの知らないところで、裏で糸をひこうとする権力者たち。

 

久しぶりの撮影現場でキップムは、プールに落とされる…

 

 

 

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

序盤

 

ワインセラーの部屋に閉じ込められるキジュンとハイン。

 

大勢の社交パーティ参加者の前で恥をかかされ注目を浴びるキップムは、小切手を燃やした紙が入ったグラスの水を一口飲みます。

 

一口飲んだ後に、そのグラスを男の顔にかけて言い返すキップム。

 

そのことに逆上した男がキップムを殴ろうとした時、マソンが止めに入りました。

 

「あることないことを噂して、ないことも事実のように作り上げるのはやめろ」と…

 

男がマソンに「カッコつけて、その女を落とそう(口説こう)としているのか?」と言うとマソンは「落ちるまで待たないよ」と言って、キップムに突然キスをします。

 

マソンは、再会してからもキップムについての記憶は消えないと思うのでした。

 

いざこざも落ち着き、翌日キップムはキジュンに連絡をしますが、連絡がつきません。

 

ワインセラーの部屋に一晩一緒にいたキジュンとハインは泥酔しているところを各事務所のマネージャーに発見されます。

 

無事発見されたハインは、テレビ番組のインタビューを受けます。

 

そのテレビ番組は、芸能人の初恋の人を探すという内容で、今や国内トップスターの名を持つハインの望みをきかない男性はいないと自信満々でいるのでした。

 

 

その番組を利用して、初恋だったマソンに接近しようと考えるハイン。

 

その情報を、キップムの親友はキップムに流すのでした。

 

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

中盤

 

パーティ時のマソンの背広をクリーニングして届けようとするキップム。

 

あの日のキス以降、マソンもキップムもひとりの時は嬉しくてたまりません。

 

キップムの事務所代表がキップムを売り込みに放送プロデューサーを打ち合わせをしていました。

 

その様子をハインの事務所代表(キム)が盗み聞きしていて、キップムを陥れようと思いつくのでした。

 

マソンとキップムはカフェで話します。

 

マソンは、そのカフェの一席を買いキップムの専用の席にしてあげました。

 

パーティ時のキスについて作戦を練るマソン。

 

公になったも同然で「自分と付き合うことを考えてくれたのか?」キップムに尋ねます。

 

お互いを目の前にすると素直になれないキップムなのでした。

 

久々の女優業の仕事をすることになったキップムは、事務所の仲間と一緒に撮影現場に向かいます。

撮影に緊張するキップムはお腹が痛くなりトイレへ。

 

撮影現場に戻る時、元マネージャー(今はハインのマネージャー)が下痢止めを持ってきてくれました。

 

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

終盤

 

マソンはずっとキップムのことが頭から離れません。

 

キップムが待機をしていると急に現場マネージャーが、撮影場所が急に変更したことを伝えにやってきます。

 

しかも、生放送なのに…

 

急遽変更場所になったのは、プールでした。

 

キップムは、トラウマがあり水に入れないのに…

 

実は、急な変更も仕込まれたことで、ハインの事務所代表(キム)が事前に仕込んでいました。

 

そして、生放送は始まります。

 

それはクイズ番組で、全てがキップムへの嫌がらせのように、問題に間違えてプールに落とされることになってしまいました。

 

プールに落とされ、そのまま気を失うキップムは溺れてしまいます。

 

その後、なんとか助けられるも、キップムの事務所仲間以外を除いて、みんなの笑い者になっていました。

 

マソンは、ハインが出る番組に出演し、その放送でキップムにしてきたことの仕返しをしようと考えていました。

 

ハインの思惑に乗らないマソン。

 

どんどん、カメラの回っている時にハインに恥をかかせて仕返しします。

 

キップムはプール現場でその放送を見ていました。

 

ひとり、落ち込み、キップムは現場から歩いて帰宅途中、マソンと行ったカフェに立ち寄ります。

 

外は雨も降っていて、精神的に辛い状況になったキップムは、マソンが買ってくれた自分専用の椅子に座り静かに泣いていました。

 

心で、マソンに会いたいと思ったキップム。

 

そんな時、マソンが登場。

 

キップムの後ろからそっとヘッドホンをして、お気に入りの音楽を聴かせてあげました。

 

キップムが振り返ると、そこには微笑みながら立っているマソンがいました。

 

 

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

感想コメント

いつもキップムが辛い時にそっと寄り添い、助けてくれるマソンの行動は、本当にかっこいいです。

大人の男性の雰囲気が満載で見惚れてしまいますね。

 

そして、キップムだけに見せる無邪気さのギャップも。

 

今後、裏で悪行を仕掛ける事務所代表キムや2人を取り巻く人々の行動も表面化してきて、どんどんストーリーが展開していく予感がします。

 

また、キップムたちを応援してくれる友達や協力者もいて、面白くなっていくこと間違いなしです。

コメディチックな要素もたくさんあっておもしろいです。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

韓国ドラマ 魔性の喜びあらすじ全話一覧

オススメ記事