私のIDは江南(カンナム)美人、3話のネタバレあらすじ結末の感想

学科の開講パーティの翌日、チャヌは後輩の18期生全員を呼び出し大声で罵声を浴びせます。

 

露骨にミレを苦しめるチャヌの前にギョンソクが登場します。

 

実は、2人は中学校の同級生だったことが周囲に明らかになります。

 

ミレは過去の苦しみをまた味わってしまうのでしょうか⁈

 

 

女性がマッチングアプリで付き合うまでに気をつけたいこと【PR】

序盤

 

開講パーティの帰り道、チャヌから罵声を浴びせらて深く傷いたミレは、怒ってチャヌをかばんでぶん殴ります。

 

過去のいじめからやっと解放された、と思ったのもつかの間。

 

また過去のようにいじめられるのか、何もしていないのに、ただ普通に生活したいのに…と強く思うミレ。

 

結局、整形をしても、次は整形をしたことで、噂になりいじめられる。

 

そんな状況に陥ってしまったミレは精神を無くしたまま、歩き続けます。

 

しばらく歩くと、道端にしゃがみこんで考え回想します。

 

そこへ、化学科の助教授ウヨンが通りかかります。

 

落ち込み気分が悪そうなミレにどうしたのか尋ね、水を差し出すウヨンでしたが、ミレはウヨンがくれた水がチャヌがオリエンテーションの時にくれた水と脳裏で重なってしまい、跳ね返してしまいます。

 

そこへギョンソクが現れ、ミレの手を取り連れ去ろうとします。

 

この状況がわからないウヨンはギョンソクに「失礼なやつだ」と言い放ちます。

 

今の最悪な状況は自分のせいだと思い込むミレ、ミレを守りたいギョンソク、初めて見た時からミレのことが気になっていたウヨン、それぞれの思いが交差する一幕でした。

 

心が乱れてしまったミレは1人食堂で酒を飲み始めます。

 

そこへ、ヒョンジョンが合流します。

 

チャヌの罵声を受け深く傷つくミレは泣き始め、今度どうすればよいのかをヒョンジョンに相談します。

 

 

 

女性がマッチングアプリで付き合うまでに気をつけたいこと【PR】

中盤

 

場面は変わって、訳あって異国に滞在中のギョンソクの母が帰国します。

 

ギョンソクの父親との確執は続く中、子供たちに会いたいとやってきます。

 

学校では、エナ(17期生化学科の人気女学生)とギョンソクが校内を歩いています。

 

エナもギョンソクのことが気になっていますが、今のところギョンソクを弟のように接しています。

そこへ、スアがギョンソクと「話しがしたい」とやってきます。

 

スアはギョンソクに「開講パーティでの出来事は誤解だった、自分が悪かった」と切り出しますが、ワザとらしい態度のスアにギョンソクは耳を貸しません。

 

一方ミレは、自分が整形したことに対する周囲の噂や声が気になって仕方ありません。

 

2人きりで話す機会を得たギョンソクはミレに「なぜ整形したのか?」ミレの心の闇に入ろうとします。

 

しかし「何も知らないくせにそんな口をきくな」とミレはギョンソクに言い放ってその場をあとにします。

 

チャヌ先輩づらのチャヌは、後輩たちを校庭に集めて、狂ったように罵声を浴びせ続けます。

 

化学科の18期生全員が、不快に思っていても口にすることができずに、ただ言うことを聞いています。

 

場所をトイレに移して更に後輩たちを苦しめるチャヌ。

 

「ミレ以外の女子は出て行け」と言い、ミレを集中的にいじめ始めます。

 

その姿を止めることができずにいる同級生たちでしたが、いよいよ、ミレに暴力を振るい始めるチャヌを後ろから、ギョンソクが蹴飛ばします。

 

怒り狂うチャヌでしたが、結局ギョンソクにこてんぱんにやられトイレの個室で気を失います。

 

見るに見かねたユウン(ミレの友人)は、この状況を全て、助教授のウヨンに話し相談します。

 

深く傷ついたミレは、実家に一夜帰省します。

 

母親の優しさと期待に心が締め付けられるミレは生きて行くことの大変さを母親に漏らします。

 

母親は、優しい言葉でミレを勇気づけます。

 

母親とミレの絆は、深く揺るぎないものでした。

 

 

 

 

女性がマッチングアプリで付き合うまでに気をつけたいこと【PR】

終盤

 

一夜明けて、構内はギョンソクの武勇伝の噂でもちきりです。

 

母親のおかげで少しは気が晴れたミレでしたが、複雑な心境のまま登校します。

 

ミレの登校を待ちわびていたユウンとジョンブン(友人たち)は、ミレために先輩にも立ち向かうことを約束します。

 

彼女たちの友情に励まさて、ミレは、人の外見ばかり気にしている自分に嫌気が差します。

 

少しづつ心を開いていくミレは、スアにも話し始めますが、スアの質問に答えるうちに、うっかり気が緩んでしまい自分でギョンソクとは中学校の同級生でだったことをバラしてしまうのでした。

 

また、ユウンからチャヌの行動の一部始終を聞いていた助教授のウヨンは、チャヌを呼び出し後輩を苦しめないよう注意、警告を行うのでした。

 

構内ですれ違うミレとギョンソクは、すれ違いざまに、お互い声をかけ、ひょんなことから一緒にランチを食べることになります。

 

堂々と2人で学食で昼食をとるふたりは、和解します。

 

周囲はというと2人の関係に注目し、いろいろ探り始めます。

 

友人のジョンブンは居酒屋ベルリンの社長が気になっていて、そこでアルバイトをしようと求人に応募します。

 

スアもアルバイトを始めようと面接に行きます。

 

ここでも、男性はスアの美貌にやられてしまいます。

 

ギョンソクはというと、エナからミレと自分が中学の同級生だったという話を耳にします。

 

化学科の授業が始まります。

 

実験の授業中、ミレは手を火傷します。

 

ギョンソクはすかさず心配しますが「大丈夫だ」と言い張るミレ。

 

そこへ、助教授ウヨンがやってきて、実験中は怪我をしまいようにと注意をします。

 

そのやりとりを見ていたスアは、ギョンソクとウヨンの関心がミレに向くのに嫉妬して自らわざと、怪我をして注目を浴び、周囲の様子を伺うのでした。

 

 

女性がマッチングアプリで付き合うまでに気をつけたいこと【PR】

感想コメント

この回から、次々に明らかになるミレとギョンソクの関係が面白いです。

 

過去の自分の弱さを見つめるミレは、周囲の友人やギョンソクとの関係で少しづつ強くなっていきます。

 

ギョンソクはミレの心の闇に切り込み、和解する場面では、2人は心で繋がっている共通の何かがあるんだと思いました。

 

今後さらにいろんな登場人物が登場して、どんな展開になっていくのかとても楽しみです。

 

誰と誰がくっつくのか、誰を信じ、どう行動するのか気になります。

友だち追加

オススメ記事