ナインルーム14-16話(最終回)あらすじ・ネタバレの感想

この記事の著者

韓国の大学で日本語学科を卒業し、「大韓翻訳院」の翻訳家育成教育を修了。 日本語能力検定960点。 現在韓国在住で、韓国語教師の仕事にも従事している。

これまで自分がやってきた、あらゆる不正の証拠を持っているキムジョンスとギサンはウルチヘイにチャンファサや恋人であるギユジンを裏切るよう脅します。

唯一な証人であった消防隊員の死がギサンの仕業である疑いから、怖気づいてしまったウルチヘイはチャンファサの再審の書類や証拠をすべてギサンに渡してしまいます。

 

ウルチヘイとチャンファサのチェーンジーを信じ始めたギサンは、脊髄を損傷したことで半身不随になってしまった息子のギチャンソンを助けるため、ギチャンソンとギユジンのチェーンジーを企むのでした。

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

◆14話のネタバレ

ギユジンとギチャンソンを入れ替えようとする企みに気づいたウルチヘイたちは、急いでギチャンソンの病室に駆けつけます。すでに手を下した入室病棟のスタッフたちは誰もいなく、病室の前は警護員たちが監視しています。

ガムミランが騒ぎを起こして警護員たちの注意をそらした間、新聞紙に火をつけ火災警報器を鳴らしたことで病院は大騒ぎに。そのすきに病室に入ったらちょうど、ボンサダルが除細動器で衝撃を与えようとするところでした。

すぐさまウルチヘイが阻止しようとしたところ、ボンサダルは通電のパドルを間違って自分の顔に当てて感電してしまいます。

ウルチヘイとチャンファサはギサンとパクチョルスンが近づいてくることに気づき、病室をさります。

 

病室に入ったギサンは状況が読めず、チェーンジーに成功したかどうかも分かりません。とりあえず、人目に付く前にギユジンを院長室に運んだパクチョルスン。

 

気が付いたギユジンは、チャンファサの診察の前に院長のボンサダルに呼び出され、コーヒーを出されたことまでを思い出します。そして腕に残っているアザから睡眠剤を注射されたことを推測しますが、院長が感電したことで手術を受けている今は訊くことができません。

 

ギユジンを助けてくれたお礼にとチャンファサたちを再び家に連れてきたウルチヘイ。ウルチヘイはお礼に、キムジョンスに渡したウルチヘイの再審の書類を取り戻してくることを約束します。

 

キムジョンスにチャンファサが再度、書類を作成することの対策を建てるという名目で書類を持ち返ろうとしますが、疑い深いキムジョンスは自分が対策を建てると言って書類を金庫の中に入れてしまいます。

 

自分の書類は自分で取り戻すといって、ウルチヘイに事務所が時間を聞き出し、ガムミランと清掃婦に扮して忍び込んだチャンファサたち。やっとの思いで金庫を開けることに成功しますが、書類はすでにキムジョンスがギサンのところに持って行ったあとでした。

 

自分の書類の代わり、ウルチヘイの不正の書類を持ち帰ったチャンファサ。それを渡してもらったウルチヘイは自分の過ちに後悔し涙するのでした。

 

手術を受けたボンサダルが目を開けました。しかし感電事故後すぐ手当てができなかったせいで、脳への血流が滞り赤ちゃんのようになってしまったのです。

 

自分が眠らされていた間何が起こったのかを調べていたギユジンは、警備会社の人からCCTVの映像を手に入れます。その映像にはウルチヘイとチャンファサが映っていました。自分を救ったのがウルチヘイであることを知ったギユジンは、ウルチヘイを訪ねます。

 

同じ映像をパクチョルスンから見せられたギサンは、自分の息子のことを邪魔したとして怒り狂います。

 

一方、オボンサムは前回チャンファサから頼まれた、チャンファサを殺そうとした人物を突き止めます。その人物は元国政院出身の人で、パクチョルスンとのつながりが疑われる人物でした。そしてなんとその人物は以前イサンヒが死亡したときも、イカンヒ夫妻がフィリピンの旅行に立つとき、同じ飛行機でフィリピンに行ったことが分かったのです。

 

オボンサムはチャンファサに会い、ギチャンソンがギサンの人々をどうして殺したのかを再び質問します。チャンファサはオボンサムにギサンが本当はチュヨンベであること、そして公訴時効の終わっていないギサンの罪を全部暴いて欲しいとお願いするのでした。

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

◆15話ネタバレ

ウルチヘイはギユジンに自分の本当の姿を見たら、また傷つく、自分はギユジンに似合わないといいます。ウルチヘイの過去の不正により脅されていたことを知ったギユジンは、そんなウルチヘイの言葉にも「愛は判断しないもの。周りの誰もが避難しても判断せず、一緒にその苦しみを分かち合うもの」と言いながらウルチヘイを抱擁します。

 

ウルチヘイのマンションを訪ねたオボンサム刑事とウルチヘイ、チャンファサたちはチャンファサの再審の証拠のことで話し合っています。元本のテープを無くしたことで、録音ファイルは証拠として採用されないと言ったら、音声認識鑑定で一致すれば採用できる情報を聞いたウルチヘイたち。

 

早速、20年前に自殺に見せかけて殺された救急隊員のカンハンスの実家を訪ねます。

 

カンハンスの実家に向かう道。薄着のチャンファサにコートを買ってあげるウルチヘイ。試着室からコートを試着したチャンファサを見て店員が、「お嬢さんのセンスがとてもいいですね。よくお似合いです」というと、「娘じゃないです」というウルチヘイ。

「それじゃ誰ですか?」という店員の質問に、ウルチヘイは「弁護士」と言いましたが、チャンファサは「友達」というのでした。その答えにウルチヘイは嬉しそうに微笑します。

 

カラオケを営むカンハンスの実家にはカラオケの録音機能があり、幸い歌が大好きだったカンハンスの肉声もたくさん残っていました。

 

サンへ病院では、子供のようになってしまった院長のボンサダルの部屋をスタッフたちが片付けています。偶然、部屋を訪ねたギユジンは、以前ボンサダルが現場の写真を本の中に隠し持っていたことを思い出し、貸した本があると言って何冊か自分の部屋に持って行きます。

 

持ってきた本をくまなく探していたところ、ボンサダルの持っていたもう一つの証拠である、事件の剖検結果報告書を見つけるのでした。

 

キムジョンスからウルチヘイのマンションのマスタキーを渡してもらったパクチョルスンは、以前チャンファサを殺すように送ったあの人物をまたウルチヘイのマンションに送り込みます。

 

捕えられてしまったウルチヘイとチャンファサ。捕えられた二人にギサンは犯人を通しての電話越しで、どうしてギチャンソンとギユジンのチェーンジーが失敗したのかを問いただします。しかし、そんなのあり得ないと白を切るチャンファサ。

 

ギユジンは、見つけた剖検検査報告書のことで何回もウルチヘイに電話をかけますが、繋がらないことを不審に思い、ウルチヘイのマンションに向かったところ、何か変なことに気づいたガムミランがドアを開けてくれたことで部屋に入り、ウルチヘイたちは危機を逃れます。

 

オボンサムもファン刑事たちと共に食事中、不安な気持ちがしてウルチヘイとチャンファサの身辺確認で訪れたところ犯人と鉢合わせになり、逮捕に成功します。

 

少しの微動にも痛みを感じてしまうギチャンソン。ギサンが席をはずした際、警護の人にレモンケーキが食べたいから自分が番号を教えてあげる所にお金を振り込んで代わりに注文するように言います。

 

何としてもギチャンソンとギユジンのチェーンジーを試さずにはいられないギサン。ギサンは病院ではなく、人里離れているどこかにベッドを用意し、ギユジンを強制に連れてくるように下の者たちに命令します。

 

チャンファサの再審書類提出の日。一緒に書類提出するために病院を出るギユジンの車での前後を塞がる車。ギユジンはギサンに電話をかけ、やめるように言いますが、「ならば自分の足で来なさい」と話すギサン。

 

その時です。ギチャンソンが危篤であるとの連絡を受けて急いで病院に向かうギサン。ギチャンソンが警護の人に注文するように頼んだケーキのなかには致死量の毒物が入っていました。心停止があったものの、幸い命に別状はなく一命をとりとめました。

 

審議の前日。療養院にいるお母さんをウルチヘイのマンションに連れてきたチャンファサは、お母さんに温かい食事を出し、お母さんをお風呂に入れてあげます。その傍らで証拠に出すためのお母さんの音声を録音していたウルチヘイは、チャンファサとお母さんの姿を見て自分がやってきたことを、涙を流しながら深々と悔いるのでした。

 

いよいよ再審の審議が始まりました。ウルチヘイは死んだ救急隊員カンハンスとチャンファサの母親の肉声が入った音声ファイルとボンサダルの作成した剖検検査報告書を証拠として提出します。

 

それらによって再審開始をもらえたのでした。その場にいたギサンの顔にはあざ笑うかのような笑みが浮かびました。

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

◆16話ネタバレ

再審が始まりました。しかし、すでにギサン側のキムジョンスは判事や検事を回遊したあとでした。回遊された判事と検事はウルチヘイの弁護に度々待ったをかけるのでした。

 

数回の裁判が行われているなか、ギチャンソンが昏睡状態から意識が戻ります。一方、チャンファサは激痛のため麻薬性の強い鎮痛剤を使ったため幻覚、幻聴などの症状が出始まっていました。

 

目を覚めたギチャンソンは自分を生かせたことへの鬱憤をギサンにぶつけます。意識が戻ったということ知らせを聞いたギユジンはギチャンソンの病室を訪れます。そこでギサンがギチャンソンに話す言葉を聞くのでした。「君が欲しがっていた、ユジンの背、顔、健康な体すべてあなたのものになる」とギサンはギチャンソンに話すのでした。

 

自分の身辺の危険を感じたギユジンは、オボンサムに身辺の警護をお願いします。

それはギユジンの携帯に盗聴アプリと位置追跡アプリを入れて、オボンサムが追跡できるようにする方法でした。

 

裁判の中で、証人として立ったチャンファサから、本物のチュヨンベとして指差しされたギサンは、自分に時間があまり残っていないことを悟り、パクチョルスンにチェーンジーを急ぐように命令します。

 

パクチョルスンはウルチヘイをさらいます。そしてギユジンもさらいます。さらわれる瞬間、自分の携帯に仕込んでおいた盗聴アプリを起動させオボンサムに身辺の危険を知らせギユジン。オボンサムは同僚たちと一緒にギユジンの携帯の位置を追跡しはじめます。

 

ウルチヘイとギユジンが連れていかれたところは、地方にあるSHCグループの研究所でした。

 

さらわれたウルチヘイは、ギチャンソンが病院から出たことを不意に思ったチャンファサの電話で目が覚めます。ウルチヘイがオボンサムに連絡をしたことで、ギユジンの居場所が分かったオボンサムは、SHC研究所に警察隊を送ります。

 

ギサンはチョンウォン刑務所の医療課長にサンへ病院の院長を任せると約束して、彼を連れてきていました。ちょうど除細動器のパドルを当てようとしたそのとき、ウルチヘイが消火器を持って阻止します。そして除細動器を持ち上げ、近づかないように脅しては、結局投げ込み壊すのでした。

 

パクチョルスンたちはウルチヘイの殺人教唆や拉致の容疑で逮捕されます。

チュヨンベがギサンを殺して、ギサンになりすまし生きてきたすべての全貌が世間に暴かれました。キムジョンスもウルチヘイの殺人教唆の容疑で逮捕されます。そしてチャンファサはあれほど待ち焦がれた無罪の判決を受けるのでした。

 

看病をしていたガムミランと交代で病室にいたウルチヘイがしばらく眠ってしまった隙に、また幻覚症状が現れ、外に出たチャンファサ。

 

チャンファサを探し回っていたウルチヘイはチャンファサの居場所がわかりそうだと、自分ならそこに行くと、ギユジンに言い、チャンファサを探しに行きます。

そこは34年前事件が起こった、チュヨンベとチャンファサがデートの約束をした場所でした。

 

ウルチヘイはギユジンに救急車を呼ぶように連絡を入れます。再び激しい痛みで幻覚から元に戻ったチャンファサ。チャンファサはウルチヘイに、

 

「ヘイといたすべての時間が感謝で幸せだった。恨みの多い人生だったけど、あなたになったことでそのすべての恨みが晴れたの。弁護士を絶対やめないで。今からその輝かしい才能を美しく使ってね」と言い、息を引き取ります。

 

チュヨンベもその公園に来ていました。チャンファサの最期を遠くから見ていたチュヨンベは、いつも持っていたジッポライターを落とすのでした。

 

ギユジンとウルチヘイはヨットで海にでます。そしてあの除細動器を誰の手にも渡されないよう海に捨てます。

 

ウルチヘイのことを若い時のチャンファサと思い込んでいるチャンファサのお母さんは、どうして二人は結婚しないのかと聞くのでした。その話に、ギユジンはチャンファサのお母さんの前でウルチヘイにプロポーズをします。大喜びのチャンファサのお母さん。

 

ウルチヘイとガムミランはウルチソンとファン教授の事務所で働き始めます。

ウルチヘイの新しい名刺には「再審勝率100%の弁護士 ウルチヘイ」と刻まれているのでした。

 

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

◆感想

やはり真実はいつか暴かれてしまいますね。自分の望みのためなら、周りのものすべてを犠牲にしても構わないというギサンの貪欲さが、最後はギチャンソンとギユジンのチェーンジーという化け物ような欲望になってしまいました。しかし、チュヨンベも、自分の会社を守るためチュヨンベをギサンとしてしまった父ギセウンの欲の被害者の一人だと思います。人間の欲は底を知りませんね。

 

最後に近づくにつれ、芽生えてまた強くなっていくウルチヘイとチャンファサの絆には感動がありました。チャンファサが息を引き取るとき、ウルチヘイがチャンファサのことを「ファサオンニ(姉さん)」と呼んでいて、チャンファサが「オンニ。いいね」と喜んでいたところではぐっときました。

 

16話でしたがあっという間だったような気がします。ウルチヘイ役のキムヒソンさんも、ギユジン役のキムヨングァンさんもそしてギサン役のイギョンヨンさんもとても素晴らしい演技を見せてくれました。チャンファサ役のキムヘスクさんはさすが演技派女優にふさわしかったです。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

ナインルームあらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事