賢い監房生活3話のネタバレあらすじ結末の感想

昨日チンピラに刺されたジェヒョク。幸運で傷は多くないでした。

1年懲役を宣告されて、

今日から西部拘置所から西部刑務所に行くようになったジェヒョク。

 

この部屋で、ジェヒョクはいつも本を読みます。

その時、部屋の囚人たちは何かを仕組んでるみたいです。

 

今日は雨ります。

夜、ペン部長が音楽を聴きながらちょっとだけ眠ったその瞬間、ソジ(刑務所のなかで雑多な仕事をする人をソジと呼ぶ)は、何か割れようとしてします。

それは給湯器を壊れ、暖かい水がでない監獄の中で水の温度を高めるためでした。

そんな水で送ったラーメンをおいしく食べる囚人たち。

ジホは接見室によく来ます。

ジホ「明日から工場に行って働くでしょ?一所懸命しないで。そしてそこにいる囚人たち、信じないで。」

ジェヒョク「いや。ここにいるギスと言う人が一番長い服役しているひとだけど、いいだよ。

ジホ「囚人たちが何がいいの。信じないで。」

工事で椅子を作る囚人たち。夜勤までしながら働きます。でも夜勤手当もくれない仕事です。

実は、彼らの夜勤手当は工場のヨン番長と何人の人たちが全部持ち出したのです。

それを終わって戻った時、ハンヤン(ヘロンイ)が来ています。

麻薬をして声とか口癖がおかしい。監獄は麻薬がないからちょっと落ち着いています。

彼は財閥です。

 

その時、ジホがジェヒョクの妹、ジェヒにジェヒョクと別れたことを言います。

ジホ「私だけが好きみたいで。。」

ジェヒ「あなた一人で?本当にそうだったらその時、地方からソウルまであなたのために来たかしら?」

そうです。昨年の秋、ジホが風邪をひどく引いた時、ジェヒョクは野球試合があった地方からソウルまで粥を買って来ました。その時は本当に二人のなかがよかったのに。。

ジホと同じ思いで夜眠れないジェヒョク。その時まではゴ博士は眠れず刑務所の良くないところを書いています。それを書いて看守にくれるそうです。

でもそんなのは無駄だと思う囚人たちは彼に怒ります。

 

囚人たち「あんたのせいで眠れねーじゃんかよ!」

 

次の朝、思い通りぺん部長に書いたものを渡すゴ博士。

その内容は、今は週1度暖かい水でシャワーを浴びることができますが、毎日浴びることを要求します。

以外にその言葉を聞いてくれたペン部長。ゴ博士のおかげで囚人たちは暖かい水でシャワーを浴びます。

そして夜勤手当のことも報告されたのか、ヨン番長は囚人たちに誤って、夜勤手当はもらうことができる、と言います。もちろんお金を持ち出した人たちはムカつきました。

 

それから、ゴ博士は囚人たちのヒーローになります。

今日の晩ご飯はチキンです。でもチキンの質と量が少なくすぎて、囚人たちは全部ゴ博士を見ます。ゴ博士はまた報告書を書くのを約束します。

刑務所の中でジャンギスには願いが一つあります。それは映画「英雄本色」を見ることです。でも刑務所の中にはドキュメンタリーだけ放送するだけ。ギスは映画を見ることを可能にする人にSHAKE SHAKE BURGERをあげるのを約束します。

暖かいシャワーを浴びるために準備している囚人たち。でも昨日できたのは、ゴ博士のおかげではなく、法務部の監事があるからでした。囚人たちはゴ博士を睨みます。

木工場で、カバンの中でスパナが発見されました。

誰のかばんかと看守が質問したら、ジェヒョクが自分のカバンだと言います。

そのあと、看守は二度とそんなものを持っちゃだめだと言います。

看守が出て、部屋に残ったヨン番長のチンピラは気に入らないジェヒョクを殴ろうとします。

その時、ヨン番長が入ります。

そして自分のチンピラに出しゃばるな、といいながらジェヒョクではなく、チンピラをすごく殴ります。

そしてジェヒョクにはセクハラをしようとします。

ジェヒョクがピンチなその瞬間。

 

ジュンホが入りました!

彼はジェヒョクのために西部拘置所から西部刑務所にいどうしたのです。

ギスは映画を見ることができるのか?

挑戦者はカイストとジャンバルジャン。

カイストはアンテナを作ったり、テレビの下を火で焼いたり、色んな方法を使うがチャンネルの移動はできませんでした。

その時刑務所長との面談をして戻ったジャンバルジャン。彼の手にはリモートコントロールがあります。刑務所長の部屋で盗んだものでした。

刑務所の囚人たちを説明します。

カンチョルドゥ(カイスト)「いかさま賭博で捕まった。」

ゴ博士 「H建設 財務課長。横領。」

ハンヤン(ヘロンイ)「麻薬。」

ジャンバルジャン 「窃盗、パンを盗んだことがあって、ジャンバルジャンで呼ぶ。」

ジャンギス「殺人。25年刑。」

弁護士と会っているハンヤンの母。でも彼女は、ハンヤンを助けるより罪があったら服役するのが正しいだと、言います。」

 

ジェヒョクはジホを好きでした。

ジホが小学校から大学生までいつもそばにいました。

でもmだだジホはジェヒョクに恋愛の感情はないみたいです。どうして二人は付き合うことになったかしら?

次の日、朝ご飯でチキンがすごく出ました。これはゴ博士が行ってたからと信じて、おいしく食べる囚人たち。その瞬間、ジェヒョクは偶然新聞をみてびっくりします。

それは鳥インフル!!それで監獄でチキンがすごく出たのです。

ジュンホと恋愛の話をしながら座っているジェヒョク。

その時、偶然自分の腕と手に力が入れないのを気付きます。

野球選手なのに手に問題があるって、どうする??

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

賢い監房生活あらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事