賢い監房生活12話のネタバレあらすじ結末の感想

ジェヒョクが復帰する、と言う話を聞いて、いろいろな刺激的な記事がいっぱい出ます。その記事を見て心配するジュンホ。

接見でジェヒョクの弁護士が球団を探すために頑張っています。ジェヒョクはマスコミ報道をよくする球団をお願い、と言います。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶プロポーズもらったジェヒ、気になるジュンホ

ジュンドルは家でジュンホとお酒を飲んでいます。ジュンドルはジェヒが社長にプロポーズをもらった、と言います。この話を聞いたジュンホはムカついて焼酎をすごく飲みます。

 

その後、土曜日。ジュンホはジェヒに電話をかけて、社長とデートはしているか、と大声で話します。寝ていたジェヒはびっくりして社長はいない、と言います。ジュンホは今すぐ映画館に来い、と言って電話を切れます。

 

結局、会ってデートしているジェヒとジュンホ!ドキドキな時間を過ごしています。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶戻ったソウジ

健康になったソジ(囚人たちのいろいろな雑事をしてくれる人)が戻りました。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶もう麻薬はしないハンヤン

お腹の調子が悪くて薬を飲もうとするハンヤン(ヘロンイ)。薬の成分をちゃんと見ています。もし悪い成分があるか心配だったからです。ハンヤンはもう薬物とは関係ない人になりました!

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶西部刑務所の火災訓練、そしてペン部長

西部刑務所の火災訓練の日が近づいています。でもペン部長は訓練に参加しない、と言ってほかの看守たちの雰囲気がよくないです。

 

そしてその後、急に西部刑務所にサイレンの音が鳴らします。その音でびっくりしたペン部長は急に監獄の扉を開けてしまいました!

その混乱の状態をナ課長がまとめます。

 

みんなペン部長の行動が理解できないみたいです。そしてジュンホはペン部長のトラウマについて聞きます。

ペン部長は、彼が前に勤めた刑務所で火災が発生、囚人たち全部を助けようとしたが、たった一人を助けられなかったのです。

その事件で腕に大きい火傷を負ったペン部長。でもペン部長は自分が助けられなかった囚人を思うだけでした。それで真夏にも半そでを着ることができないようになりました。

 

刑務所長と看守たちはペン部長をどうするか話しています。そこでナ課長はペン部長の転出を要求します。その言葉で刑務所長は、ペン部長はここにいるべきの人だ。転出はあなたが行ったら?と言います。彼をペン部長の味方でした。

 

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶ソウジの薬を見るチンピラ

医務課に行ったソジ。そこにはチンピラも来ていました。そこでチンピラはソジの皮膚科薬にステロイド成分があるのを知ります。

 

その後、食事の時間にチンピラは自分の包丁でソジを脅迫しながら、ジェヒョクにあの皮膚科薬を飲むようにあげなさい、と言います。

 

でもソジはチンピラの脅迫にも、しない、と言います。でもその瞬間。戻るそじに、300万ウォンをくれる、とチンピラが言います。

 

そしてその一言でソジは行動するのを約束します。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶ジェヒョクを消えす計画を仕組むチンピラ

ボップジャと話しているジェヒョク。チンピラともた会った話をしています。ジェヒョクはチンピラを許さない、と我慢しない、と言います。

 

その後、食事の時間。ソジは栄養剤がある、と言いながらジェヒョクにあげようとします。でも今飲んでいる薬があるから断るジェヒョク。横にいたユ大尉はなんかソジがおかしいのを感じます。

 

そして運動の時間。ジェヒョクは自分にあった薬を飲んで外に出ます。

外ではみんなチンピラからジェヒョクを守るために頑張ります。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶ジホの誕生日

ジュンホはジェヒョクに、もうすぐジホの誕生日だから、もう一度連絡すれば、と言います。その言葉で昔のことを思い出すジェヒョク。

 

昔、付き合うときジェヒョクはジホの誕生日だけど連絡しませんでした。そして夜、ジェヒョクはジホの前に急に現れて誕生日おめでとう、と言います。そして、ジホの返事は「別れよう」でした。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶ユ大尉の証言

ジュ兵長はほかの軍人たちに証言してくれるのをお願いするが、みんな断ります。

 

でも、急にみんな証言します、と言います!

そしてその時、議員でいる悪いオ兵長の父が候補者を辞退する、と言います。

ユ大尉にもう幸せがくるようにを兄とみんな願っています。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶危険なジェヒョクの薬

調子が悪くてまた薬を飲もうとするジェヒョク。その時、ハンヤンが薬を見て薬が変わった、と飲まないように言います。

 

この薬の中ではドーピングに検出されるステロイド成分がありました。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶ジェヒョクの球団

実は、ジェヒョクは前、弁護士に妹にあったことを記事に書かない球団を選択する、と言いました。それでマスコミ報道をよくする球団を探したのです。

 

そんな球団を探すために倒れるぐらい一所懸命探した弁護士。そして次の接見で、ジェヒョクに球団を探した、と言います。

 

その球団はネクセン・ヒーローズ!(韓国で有名な球団)結局みんな断ったが、以前ジェヒョクが活動したネクセンだけがジェヒョクの条件を承諾しました。

その理由は、ジュンホが送ったジェヒョクの練習映像を見て、感動したからでした。

 

ジュンホのおかげでネクセンに行くようになったジェヒョク。幸せな気持ちで刑務所長に行って、一周間だけ電話を貸してもらいます。

ジェヒョクは所長に自分の球団がネクセンで決まった、と情報を教えてくれて、電話を貸してもらいます。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶またジホに連絡するジェヒョク

ジェヒョクはすぐジホに電話を掛けます!自分の球団のことを話したいジェヒョクです。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶チンピラに手を差し伸べるジェヒョク

ジェヒョクは球団に行く前にチンピラを会う、と言ってチンピラに行きます。

そして言います。

 

ジェヒョク「お前、俺のキャッチャーして。一緒に運動しようぜ。」

 

ジェヒョクはチンピラに先に手を差し伸べます。

 

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

▶感想

12話はジェヒョクの球団の話、そしてちんぴらとジェヒョクの話が多いでした。ジェヒョクが行く球団がネクセンでもっとうれしかったです。ドラマを見ると、ジェヒョクはびっくりするほど運動と野球練習を頑張ります。そんな彼だったから、ネクセンも感動したと思います。

13話も期待してください。ありがとうございます。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

賢い監房生活あらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事