30だけど17です、9-10話あらすじ・ネタバレの感想

この記事の著者

韓国の大学で日本語学科を卒業し、「大韓翻訳院」の翻訳家育成教育を修了。 日本語能力検定960点。 現在韓国在住で、韓国語教師の仕事にも従事している。

夜更けに再び奇妙な鳴き声が聞こえ目を覚ますウジン・ユチャン・ジェ二ファー。
鳴き声の犯人はソリでした。

お金を貯めるために玉ねぎの皮向きバイトを始めたのでした。
目がしみて開けられないソリを、ウジンは外に連れ出し風に当たらせます。

またユチャンもソリの目を心配して顔と顔を近づけます。
その時にユチャンは、不思議な感情に襲われるのでした。

ユチャンはソリに心を奪われ始めますが、まだこれが恋だという事には気づいていない様子です。
次の日、ユチャンは登校前に友達を呼んで玉ねぎの皮むきを手伝わせます。

「後半」

カフェでミーティング中のウジンは、ソリがバーに入っていくのを目撃します。
ソリがバイオリンの修理代を稼ぐためにホステスのバイトを始めたと勘違いし、彼女を探すウジン。

ガードマンに追い出されるウジンの姿を見かけたソリは、職業病でまた誤解されたのだと勘違いします。
ソリは、男たちの前にはだかりウジン守ろうとします。

ソリはホステスのバイトをしていたわけではなく、靴下をもらいに行ったのでした。
誤解を解いた二人は、帰り道に噴水を見つけます。

表示の手違いから噴水の水を飲んでしまったソリ。
その事に気が付いたウジンの言葉を聞いてソリは急いで水を口から吐き出します。

その様子をみたウジンは微笑みます。

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

10話

「前半」

ウジンに話があって部屋に入るソリ。
机で寝ているユジンにそっと近づきます。

ウジンを見つめている自分に気づき、急いで部屋を出ます。
顔を赤くするソリでした。

そんな中、怪我をしたジェ二ファーの代わりに出張家政婦の仕事を引き受けるソリ。
その出張先はなんとヒョンテの家でした。

仕事を終え家に帰ろうとした時にヒョンテが帰宅します。
疲れたヒョンテはすぐに部屋に入って寝てしまいソリとは顔を合わせることはありませんでした。

帰り道橋の上にいるソリを見かけたウジンは、初恋の事を思い出します。
13年前の事故の記憶が蘇り再び苦しむウジン。

「後半」

すべてを忘れて治癒したと思っていたのに最近2度も過去のトラウマに悩まされるウジンは、以前通っていた病院を訪ねます。
医師は、辛くても目を背けてはいけないとアドバイスします。

一方、テリンはウジンの事務所に連絡し、以前通話したことのあるソリを探します。
何も知らないスタッフは、テリンと話が噛み合いません。

そんな中、ユチャンは不思議な感情が恋だという事に気づきます。
ソリに恋している自分に戸惑うユチャン。

病院から事務所に戻ったウジンは、衝撃を受けます。
そこにはソリの姿があり、一緒に仕事をすることになったというのですから…。

→過去7人の韓国人と交際&婚約した私が教える韓国人男性との出会い方

「30歳だけど17歳です 9話ー10話を見た感想」

ユチャンも初恋がソリなんですね。
ソリは、ウジンに惹かれている感じです。

ソリもこれが初恋なんですよね。
何だか初々しくてかわいいですね。

ウジンの笑顔素敵でした。
ソリ・ウジン・ユチャンそれぞれ恋心が芽生え始めて面白くなってきましたね。

いまだに謎の女性の正体は明らかになりませんでした。
一体誰なんでしょう…。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

30だけど17ですあらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事