ミスハンムラビ9話のあらすじ・ネタバレの感想

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「序盤」

前官礼遇と言って退官後も在官時と同じ待遇を与えられる制度について、メディアや法務庁が騒がしい状況でした。
そんな中、セサンの同僚の判事出身の弁護士が任された裁判を担当することになった44部。

ファン弁護士は、判事がセサンで研修時代の同期だから何とかしてくれると裁判の準備をしていませんでした。
そのせいで、裁判はハチャメチャになってしまい、44部の判事たちは呆れてしまいます。

一方、法務庁の中で騒がれている前官礼遇の問題の対策会議が開かれます。

オルムは、昔から伝わる前官礼遇について何も不審に思うことなく続いてきたせいでこのような事が起きたのだから上の人たちが責任をもって対処するべきだと主張します。

次の日、法務庁の前でセサンとパルンを拘束するようにというデモが行われていました。
これを目の当たりにしたオルムは驚愕します。

デモをしている人たちは、判決に不満を抱いているのですがどうしていいかわからず法務庁の前でデモを始めたのでした。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「中盤」

パルン母が突然激痛を訴え、パルンは急いで病院に連れていきます。
病院に到着しても、すぐに治療をしてもらえません。

苦しむ母を見かねたパルンは、同僚の医師に連絡をして助けを求めます。
おかげでパルン母はその後すぐに治療をしてもらい、命には別状がない尿路結石だったことがわかります。

パルン母を診断してくれた医師は、もっと重体の緊急患者がたくさんいるのに特別に頼まれたから優先に見たのだとパルンに話します。

何時間も待たされている患者の保護者は、コネがあれば先に見てもらえるのかと怒り出します。
その状況に、自分が何をしでかしたのか気づかされるパルンでした。

パルンは、患者の保護者の前で涙を流しながら謝罪します。
一方、検事48部が任されていた事件で拘束されていた大企業の会長が釈放されたというニュースが流れます。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「終盤」

オルムが尊敬しているソンホ弁護士は、あるお願いするのでした。
知人が関連しているアセア化粧品事件(ファン弁護士担当事件)について、有利な判決をしてほしいと。

ソンホ弁護士の行動に、オルムは困惑します。
裁判の請託について問題視しようとするオルムを阻止するパルン。

パルンは、オルムが傷つくことを恐れたのでした。
パルンからオルムの事を聞いたセサンは、ソンホ弁護士に会いに行きます。

ソンホ弁護士は、過去にも請託をしたことがあったのです。
ソンホ弁護士の本心をしり失望したセサンは、この事実を上司に報告します。

結局、ソンホ弁護士は警察に連行されることになります。

そんな様子を見ていたオルムは心を痛めます。
部長判事たちは、オルムが内部告発したのだと噂します。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「ミス・ハンムラビ 9話を見た感想」

9話では、前官礼遇や請託についての問題点についての内容でした。
普段聞きなれない言葉ですが。

韓国のドラマですが、日本でもこういうことあるんですね。
平等にな判決が行われるためにこういう問題点はぜひ解決していってもらいたいです。

病院でもコネありますよね。
仕方がない事なのかもしれないけど、他の人にわからないようにしてほしいです。

それが最低限の礼儀なのではないかと思います。
今回も色々考えさせられましたね。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

ミスハンムラビあらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事