最後まで愛、15話のあらすじネタバレの感想

ジョンハンもヒョンギの事を殴ります。
そして、ヒョンギに口止めをします。

カヨンを始めカヨンの家族それからジョンビンの耳にも入らないようにしてほしいと。
ヒョンギは、すでにカヨンにも被害が及んでいる事をジョンハンに伝えます。

困惑するジョンハンとヒョンギの前に、ヒョンビンがやってきます。

二人の関係を問い詰めるジョンビン。
戸惑うジョンハンに、ヒョンギはカヨンを巡る三角関係だと誤魔化すのです。

ジョンビンはその話を信じませんが、二人の間に何かある事を察します。
追及するジョンビンに、関わらないでほしいと大声をあげるジョンハンです。

ジョンハンは、カヨンにまで被害が及んでいることを知り、余計苦しくなってしまうのです。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「中盤」

ジョンハンのガラス工場の従業員たちがストライキを起こし作業が中断してしまいます。
そのせいでカヨンの会社への納品が遅延する危機に直面します。

そんな中、ヒョンギはセナを呼び出します。
ジョンハンを脅迫し、カヨンをだましこれ以上セナの悪事をも逃せないヒョンギは、セナに忠告します。

しかし、セナはこんな自分にしたのはこの家族のせいだと開き直ります。
ヒョンギは、そんなセナに、次に1度でも悪さをしたらただじゃ置かないと強く圧迫します。

部屋を出たセナは、ヒョンギをそこまでさせたカヨンに怒り感じるのでした。

その頃、カヨンは、ミスンのお店に来ていました。
ミスンは、ジョンハンとカヨンの関係を心配します。

カヨンは、ミスンにジョンハンとあった話をして苦しい気持ちを吐き出します。
失恋をして涙するカヨンを温かく抱きしめるミスン。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「終盤」

次の日、カヨンはジョンハンのガラス工場に向かいます。
ストライキしている従業員にカムジャタンをご馳走しようと材料や器材を準備してきたのです。

従業員たちのストライキ雰囲気が急に食堂雰囲気に和みます。
そこへジョンビンや社長もやってきます。

カヨンは母のお店の団体予約が突然キャンセルになったからと口実を言います。
カヨンの準備するカムジャタンのおかげで社長たちと従業員は一緒に食卓を囲むことになります。

カヨンの親切に従業員も社長も感激します。

一方、ジョンハンは、カヨンの会社に向かっていました。
そこでドゥヨンとセナの仲睦まじい姿を目撃します。

ドゥヨンが事務所に呼び出された後、セナの前にジョンハンが現れます。
突然目の前に現れたジョンハンに驚愕するセナでした。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「クッカジ・サラン(最後まで愛)15話の感想」

ヒョンギがカッコよく見えてきましたね。
ヒョンギがすべてを知っているから、セナの思い通りにはいきませんよ。

カヨンも人がいいですよね。
取引先の会社の事なのに、あの大量の材料はカヨンのおごりなんでしょうか?

きっとジョンハンのために頑張ったんですよね。
こんだけジョンハンに傷つけられてもけなげですね。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

最後まで愛あらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事