最後まで愛、64話のあらすじネタバレの感想

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「序盤」

ヒョンギは、自身の家族を守るために偽物セナの事を公表しないようジョンハンに頼みます。
ジョンハンは、ヒョンギの頼みを断ります。

そのせいで、エミリーが死にかけ今でもその後遺症で毎晩苦しんでいるのだと。
ジョンハンは、一旦計画を保留にします。

そんな中、拘置所にいるYB会長に会いに行くジョンハン。
その事を知ったセナは、ジョンハンがすべてを暴露したと思い急いで会長に会いに行きます。

セナは、自分は偽物で本物のセナは、会長の妹が殺したのだと告白します。
その後、すべてを公表すると会長を脅迫するのです。

しかし、会長はジョンハンから何も聞いていませんでした。
ジョンハンの思惑通り、セナは自分の口から会長に偽物だという事を告白してしまったのでした。

会長は、ジョンハンに勝てないとセナを嘲笑います。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「中盤」

ジョンハンの罠にハマったセナは、激怒して事務所にやってきます。
エミリーとジョンハンは、セナの事を馬鹿にします。

人を利用することし考えていないセナのやり方はすべてお見通しだというジョンハン。

一方、エミリーはヒョンギに会いに行きます。
セナが自ら偽物だと会長に話した事をヒョンギに伝えます。

ヒョンギのやり方に怒りを感じたエミリーは、被害者にしかわからない痛みがあると言い捨てて出ていきます。

その頃、ジョンハンは、ミスンに呼び出されます。
ミスンは、ジョンハンが復讐のために契約結婚をしてたことを聞いて少し望みを感じていたのです。

ジェドンからカヨンが寝込んでいる事を聞いて心配するジョンハン。
ミスンは、離婚訴訟の時にエミリーがいった話をジョンハンに伝えます。

ユンスをジョンハンに会わせないでほしいと言われ、カヨンも承諾したがそれは本心ではないと。
ジョンハンが戻ってくることを祈り、ミンスはユンスの写真を渡します。

ジョンハンは、写真の中のユンスを見ながら涙を浮かべます。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「終盤」

ジェヒョクが会長に就任するための理事会が開かれようとしていました。
その直前、理事たちのもとに会長からメッセージが送られみんな退席してしまいます。

そこへ会長の弁護士がやってきて、会長の伝言を伝えます。

ジェヒョクに会長の椅子を譲るつもりはない。
セナの解任は保留にするがその代わり、2週間以内にYBシティの投資金を集められなければ売却するというものでした。

ジェヒョク・セナ・ヒョンギは当惑します。
一方、セナは、孤児だった幼少時代から偽物のセナに入れ替わるまですべての真実をドゥヨンに話します。

セナを本当に愛していたドゥヨンにとって彼女の悪事がいまだ理解できません。
セナは、ドゥヨンとの結婚生活が一番の幸せだと気づかず、母と約束したYBへの復讐しか考えられなかったのだと訴えます。

その後、ドッペが帰国した情報が入ります。
セナは、ジョンハンよりも早く捕まえるように手下に指示を出します。

ドッペは、ジョンハンの秘密の事務所を訪れていました。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「最後まで愛 64話を見た感想」

セナを見ていると欲って怖いですね。
お金があればあるほど幸せだと思っていましたがそうじゃないのかもしれません。

ドゥヨンの言う通り、普通に結婚生活を送っていれば幸せだったのに。
幸せだったことがないから、幸せに気がつかなかったんでしょか?

そういうもんなんでしょうか。
いよいよ最後のカードであるドッペが登場します。

ドッペがどう動くかによってジョンハンの復讐劇にピリオドが打てるのです。
早く終わって幸せを取り戻してほしいですが…。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

最後まで愛あらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事