最後まで愛、44話のあらすじネタバレの感想

不動産の男がカヨンを襲おうとしたところを、危機一髪ジョンハンが救出する。
不動産の男を事務所に連れていき事情を聞くことに。

YB会長の勝手な意向で開発事業が中断され、自分の買い集めた土地が水の泡になってしまったと損害賠償を訴えます。
興奮する不動産の男は、事務所の人たちによって外に連れ出されます。

しかし、カヨンとジョンハンは不安が残ります。
突然会長が中断した理由は一体なんなのでしょうか。

一方、セナはエミリーのもとへ向かい、ミスンのお店に行ったことを責めます。
エミリーは、詐欺師とヨンオクが一緒にいる所を目撃したため、セナを追及します。

セナは、ヨンオクを陥れたいのではなくカヨンとジョンハンに復讐するためだと答えます。
カヨンとジョンハンを離婚させるか犬猿の仲にさせると主張するセナ。

セナの主張を聞いたエミリーは、そんなことはさせないと二人の元へ向かうおうとします。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「中盤」

エミリーは見知らぬ男に襲われ、再びセナの前に連れ戻されます。
そして、DNA検査に使用しようとしたセナの髪の毛を金庫から奪われます。

セナは、エミリーを脅迫します。
「あんたなんか、殺そうと思えばいつでも殺せるからおとなしくしてなさい」と。

エミリーは悔し涙を流します。
一方、ヒョンギは、ジョンビンの前に現れます。

会長が土地を諦めたから、あとは自分の頑張り次第でプロポーズできると嬉しそうに話します。
派遣先の倒産寸前会社を立て直して会長に認めてもらったら結婚しようと。

ジョンビンは幸せを感じるのでした。
そんな中、ヨンオクは友達の話を聞いて不動産事務所を訪れます。

そこには、事務所には詐欺にあった人達が押し寄せていました。
ヨンオクはようやく自分が詐欺にあったことに気づくのでした。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「終盤」

不動産事務所にセナがやってきてヨンオクを助けるふりをします。
セナは、自分を担保にヨンオクたちを介抱してほしいと要求します。

そのおかげでヨンオクと友達はその場を離れます。

事務所に集まった人は、ヨンオクをだますために演技をしていたのでした。
ヨンオクたちが車に乗って帰るのを確認するとみな退散し、セナはほくそ笑みます。

そして、セナはヨンオクに連絡し家族には内緒にして自分が何とかすると言います。
ヨンオクは、セナに泣きつくしかありませんでした。

一方、セルジュ化粧品のカヨンの前に警察が訪れます。
ジョンハンがどこかにいるかカヨンに尋ねます。

そこへ、ジョンハンが現れます。
警察はジョンハンが告発されたため一緒に署に来てほしいと彼を連れていきます。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

「最後まで愛 44話を見た感想」

セナの悪事はどんどんエスカレートしてきますね。
エミリーの顔をあんなに傷つけるなんてひどいです。

エミリーもセナを脅迫して刺激してるから自業自得の所もあるけどジョンハンとカヨンは違います。
セナの悪事を暴露しようとしただけじゃないですか。

それなのに復讐だなんて。
よく理解できませんよ。

何だかこのままではセナの思惑通りになってしまいそうで不安ですね。
もうすぐお母さんになる人の行動ではないですよね。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

最後まで愛あらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事